お見合いと婚活の違いって何?違いを知れば自分に合う方法がわかる!

結婚する場合は、出会って、恋に落ち、お互いに同じ気持ちになってから付き合い、結婚するという流れが一般的です。
しかし、最近は、結婚したくても出会い自体があまりなくて、恋愛へ発展することさえ難しいという方が増えているようです。
そのため、出会いを探すことを目的とした婚活サイトやアプリ、パーティーなどの人気が高まっています。
それだけではなく、昔からあるお見合いという方法も注目されており、婚活イベントやパーティーは利用せず、結婚相談所や仲介人を通しての出会いを求める方も増えています。
結婚する方法は様々ありますが、メリットだけではなく、デメリットも隠れているので、自分に合う方法を見つけることで、パートナーとの出会いが期待できます。
今回は、お見合いと婚活の違いやメリット、デメリットなどついて詳しくご紹介しましょう。

お見合いって何?気になる内容や流れを大解剖!

お見合いと聞いて、皆さんはどんなことを想像しますか?
お見合いは、昔からありますから、ご両親やご親戚の中にはお見合い結婚したという方もいることでしょう。
お見合いも婚活も結婚相手を探すことには変わりないですが、具体的なお見合いの方法は知らないという方もいるようですから、まずはお見合いの内容やパターン、流れなどをご紹介しましょう。

お見合いはいつから始まった?

お見合い結婚は、鎌倉時代から始まったのですが、当時は身分が高い者がすることで、政略結婚も珍しくありませんでした
その後、徐々に庶民へとお見合いが広がっていきます。
第二次世界大戦後から恋愛ができるようになりましたが、それまでは親からの命令によって結婚することが一般的でした。
地域によっては、男女交際が認められなかったので、世話役や仲人的な存在の人が今よりもたくさんいました。

お見合いのパターンとは?

お見合いには、以下の3パターンあります。

1 結婚相談所

結婚相談所は、昔は世話好きの女性が行っていて、地域に存在していたのですが、現在ではインターネットの普及によって規模も登録者も増えました。
現在の結婚相談所では、アドバイザーが在籍しているので恋愛や結婚に対するそう相談もできるようになっています
民間だけではなく、地方自治体で行う公的な結婚相談所もありますが、金銭面やサービス面などの違いがあります。

2 仲介者からの紹介

お見合いと言えば、上司や親せき、先輩など目上の人が引き受けていて、結婚を希望する人たちを引き合わせて、仲をとりもちます。
お見合いの場合は、履歴書や正装の写真などが必要で、最初は二人きりにならず、進行は仲介者が行い、会話の手助けをしてくれます
そして、双方の緊張がほぐれた頃、仲介者は席を外すという流れが一般的です。
お見合い後は、1週間くらいで返事をすることが一般的です。
中には、断りづらい関係性の方からお見合いの話を持ち掛けられることもありますが、将来的な関係性を壊しかねない場合は、お見合いせずに断ったほうが無難かもしれません。

3 お見合いパーティー

お見合いパーティーは、参加する人たちが結婚したいと思っているパーティーなので、気軽な出会いを求める合コンとは異なります。
大体10人以上30名以下くらいの参加人数が一般的で、初対面の異性と時間制限付きで話すことができます
気になる異性がいた場合は、カードやネット上から記入して、相手も同じ気持ちの場合はカップル成立になります。

お見合いする際に必要な物とは?

お見合いする際は、まず必要書類を準備します。
書類の内容は以下です。

・氏名
・学歴
・職歴
・所在地
・身長/体重
・趣味
・親族について

上記のような書類を確認して、相手がお見合いを希望した場合に日取りを決めることになります
しかし、この書類の段階でお見合いを希望しないという決定をする人もいますから、お見合いが決まるまで時間がかかることもあるのです。
お見合いの当日には、仲介人が同席しますが、状況を見ながら席を外しますので、関係性が発展するかどうかは、その後の盛り上がり方次第ということになります。

婚活って何?どんなことするの?

晩婚化が進む現在では、婚活を利用する男女が増加傾向にあるようです。
気軽に参加できるので、あらゆる世代から人気があります。
ここでは、婚活の内容やどんな人が利用するかなどについてご紹介しましょう。

婚活の具体的な方法とは?

婚活の方法は様々ありますが、一般的には以下のようなことです。

・婚活サイトやアプリ
・婚活パーティー
・街コン

結婚するために活動することであれば、全て婚活ですが、出会いがなければ結婚できませんから、結婚に繋がる出会いを探すことも婚活と言えるでしょう
婚活の種類は豊富なので、一口にパーティーと言っても、ホテルやレストラン、船上など様々です。
婚活のイベントを主催する会社もたくさんありますから、自分が行きたいと思える企画が多い会社を探すことで、楽しみながら婚活できるでしょう。

どんな人が利用するの?

婚活を利用する人は、種類によって異なります。
3個ご紹介しましょう。

1 婚活サイトやアプリ

婚活サイトやアプリの場合は、自宅や仕事中、外出中でも全国にいる異性とコミュニケーションが取れますから、奥手なタイプでも利用しています
メールでのやりとりですから、文章を通してコミュニケーションが取れるタイプが上手くいくようです。
また、サイト上でのやりとりですから、一度に複数の異性と仲良くするという能力も必要です。
記憶力があり、一人ひとりと大事に接するタイプが異性から好まれますから、同時進行が苦手な方や上手くやりとりできないという方は、あまり進展しないかもしれません。

2 婚活パーティー

婚活パーティーであれば、気軽に参加できますし、企画も多いので、当日参加も可能です
手軽なので、友達と参加する方や仕事帰りに時間ができたら参加する方など、積極的に動けるタイプの方が多いようです。
企画によっては年齢や年収などの制限がありますから、フットワークが軽いだけではなく、婚活に関するアンテナを張り巡らすタイプも参加しています。

3 街コン

街コンは、地域の特性を活かした婚活方法で、遊園地や水族館、お食事処など様々な場所で行います
基本的には、食事やお酒などを交わしながら会話して仲良くなるというスタイルなので、盛り上がりやすいのですが、軽い出会いを求めて参加する方もいます。
ですから、参加者が結婚したい気持ちが強いかどうか、見極める能力が必要です。
街コンで慣れてから婚活パーティーへ参加するという方法もあるので、初心者が参加することも多いようです。

お見合いと婚活のメリットとデメリットとは?

古くからあるお見合いが今現在も続いているのは、メリットがあるからです。
しかし、お見合いには良いことだけではなく、デメリットがあることも確かです。
同様に、結婚するために行う婚活イベントやパーティーにもメリットだけではなくデメリットがあります。
ここでは、お見合いと婚活、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

お見合いのメリットとは?

お見合い結婚のメリットの一つ目として、理想的な相手と結婚できるということがあります。
結婚する相手に求める条件や理想のタイプが人それぞれにあるでしょうが、実際に付き合って相手のことを知るまでは、理想的なお相手かどうかはわかりません。
しかし、お見合いの場合は、理想とする条件に最初から該当しているので、成功する確率が高いのです
100%理想的な相手ではなくても、全く理想と違うわけではないので、付き合う中でお互いに歩み寄っていけば、理想的なパートナーになることができるのです。
また、お見合いの場合は、結婚を意識している二人が出会うので、付き合うことになれば、そのまま結婚へ発展しやすくなりますから、交際期間が短いというメリットもあります。
付き合ってから家族についてのことを知るのではなく、兄弟の有無や家庭環境なども知った上でお見合いしますから、結婚についても意識しやすくなるのです。

婚活のメリットとは?

婚活のメリットは、とにかく手軽なことでしょう。
相手のプロフィールや情報を閲覧し、自分からアプローチすることで気軽にやりとりすることができます。
婚活アプリであれば、すぐに会うことはせず、しばらくやりとりして、お互いの希望するタイミングが来たら会うことができますし、婚活パーティーも選び放題です
単なるパーティーだけではなく、料理や登山、ウォーキングなど、様々なタイプの婚活イベントがありますから、趣味が合う異性と出会う確率が高いと言えます。
また、婚活アプリやパーティーでは、参加料がかかりますが、お見合いと比べると安いです。
特に女性の場合は、無料で利用できることもあります。

お見合いのデメリットとは?

お見合いのデメリットとしては、すぐに出会えないということもあります。
もちろん、すぐに出会いがあるケースも珍しくはないですが、登録者が多くても自分の理想の相手に出会うまでに時間がかかることもあるのです。
登録者のタイプやタイミングなどもありますから、理想の人に続けて会えるということもありますが、登録してみないとどうなるかはわからないということはデメリットでしょう。
また、お見合いの場合は、カップルになれた場合、成婚料が発生します
金額は、登録する会社によって異なります。
結婚相談所ではなく、上司や先輩にお世話になった場合には、2~3万円くらいをお礼として包むことが一般的です。
どちらにせよ、成婚料というお金がかかりますし、万が一気に入らなかった場合はお断りしなければならず、圧力的なことや断りにくさという精神的な負担ものしかかってくる可能性があります。

婚活のデメリットとは?

婚活のデメリットとしては、異性とのコミュニケーションが苦手な場合、なかなか発展しないということです。
婚活イベントやパーティーでは、目の前にいる異性と会話ができないと仲良くなることが難しいからです
相手の話を聞くだけではなく、自分についても上手く話すことができないと印象には残らず、好印象も残せません。
ですから、消極的なタイプの人には大人数が集まる婚活パーティーは不向きと言えます。
また、婚活イベントやパーティーでは、年齢制限もありますので、参加したい気持ちがあっても参加できる企画が少ないということもあります。

お見合いと婚活の服装の違いとは?

お見合いと婚活では、内容や特徴が異なりますので、服装も違います。
ここでは、お見合いと婚活の服装の違いをご紹介します。

お見合いの服装とは?

お見合いの服装は、男性の場合は、スーツが基本です
お見合いする場所としては、ホテルや料亭などですから、スーツが良いですが、暑い日には汗をかいてしまうでしょうから、クールビズスタイルでもOKです。
女性の場合は、スカートとジャケットの組み合わせやワンピースとカーディガンがおすすめです
女性の場合は、露出することで上品さや知的さが亡くなってしまうことがありますから、胸元の開き具合、腕や足を出し過ぎていないかなども確認しましょう。

婚活の服装とは?

婚活の服装は、ドレスコードの指定がある場合には、従ったほうが良いですが、一般的なパーティーの場合には、あまり決めすぎると好印象を与えることができません。
気取っている、ガツガツ感があるなどマイナスイメージを与えますから、男性も女性もあまり張り切らず、清潔さを感じさせるような服装をおすすめします。
ジーパンやTシャツでも、婚活イベントの内容と合っていれば、カジュアルな服装でも問題ありません
ただし、不潔さを与えることはNGですから、以下のことをチェックしましょう。

・しわやヨレがないか?→あればアイロンがけする
・シミや汚れはないか?→あれば洗濯やクリーニング屋へ出す
・柔軟剤がきつくないか?→人によっては芳香剤で酔うので控え目にする

また、ブランド尽くしの服装やバッグ、アクセサリーもあまりおすすめできません。
ポイント使い程度であれば良いですが、あまりに目立ちすぎると「お金がかかる人」、「お金持ちアピールしたい人」などと思われる可能性がありますから、できるだけ目立たないように心がけましょう。

まとめ お見合いと婚活の違いは色々ある!

ご紹介したように、お見合いと婚活には違いがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。
どちらが良いということはなく、ご自分に合うスタイルを選ぶことがポイントと言えるでしょう
どちらも試すことができますが、消極的で、異性とスムーズに会話をすることができないという方は、お見合いのほうが良いかもしれません。
また、お見合いでも婚活でも、選ぶ運営会社によって特徴も費用も異なりますから、事前にリサーチすることをおすすめします
口コミや実際に体験した方のブログなどもありますから、それらも参考にして、無理せず自分に合う方法でパートナー探しをしましょう。

(Visited 1 times, 1 visits today)

投稿者プロフィール

スズ
スズ
執筆業をしています。
恋愛ゲームのシナリオや恋愛小説、恋愛コラムなど恋愛関連の執筆の他、美容や健康など様々な種類の執筆を行っています。
執筆内容が少しでも皆様のお力になれば嬉しいです。
恋愛や結婚についての役立つ情報をアップしていきます!

関連記事

  1. 婚活イベントやパーティーなどで使える不安や緊張を和らげる方法を大公開!

  2. 婚活パーティーでの服装の正解は何?男性NGファッションやヘアスタイルとは

  3. 聞き上手は婚活で有利!自己PRになる理由や出会いの場での活かし方など

  4. ファッションや性格次第でモテる!背が低い男性が恋活や婚活で成功する方法

  5. 綺麗なのにモテないのはなぜ?モテない理由やモテる方法とは

  6. 婚活イベント後の2次会へ行けない時の断り方や事前予防策