女性からでも男性からでもOK!連絡先交換後からできるアピール方法

合コンや婚活イベントなどで出会った異性と連絡先を交換できた場合、そのままでは関係性は発展しません。
連絡先へ連絡してみることで、距離は縮まっていきますから、自分をアピールしていきましょう。
連絡先の交換方法は、電話やメール、LINEなど様々ありますが、お相手の時間を奪わずに、気軽にできるのはメールやLINEです。
電話は、本人の声を聞くことができ、距離が縮まると思うかもしれませんが、まだ関係性が不明確な時は、緊張や気まずさを感じてしまい、連絡を取り合うことをやめてしまう可能性があるからです。
ですから、連絡先を交換する場合は、電話以外の方法をおすすめします。
メールやLINEの交換し、その後は少しずつお互いにある距離を縮めていきましょう。
今回は、連絡先を交換後に、どのように自己アピールし、関係を発展させていけば良いかについてご紹介します。

異性から連絡が来ることは女性も男性も嬉しい!

連絡先を交換したら、連絡を待つべきか、連絡すべきか、迷うことでしょう。
異性から連絡が来るということは、男性も女性も嬉しいものですから、何もせずに待っているのではなく、思い切って連絡してみることをおすすめします。
ここでは、男性と女性、それぞれが連絡した場合に期待できる効果についてご紹介します。

男性から連絡した場合の効果

男性慣れしていない女性の場合は、自分から連絡することが難しく、連絡が来ることを待つというタイプもいるようです。
女性は、安心したいタイプが多いので、まめに連絡をするタイプの男性は、好まれるようです
特に、付き合いが長いカップルの多くは、女性を不安させないように、男性は連絡を欠かさないようなので、連絡を男性からするということは、女性を喜ばせ、安心させることに繋がるのです。
連絡しないほうが気になる存在になれると思う男性もいるようですが、付き合う前の段階では不安にさせるほど女性は離れてしまいますから、できるだけ密に連絡することをおすすめします。

女性から連絡した場合の効果

女性から男性へ連絡することに抵抗があるという方もいるかもしれませんが、男性は女性からの連絡を好意的に思うようです。
女性から連絡が来ることで、「自分のことが好きなのかな?」と気になる存在へと気持ちが変化することもありますし、アクティブな印象を持って、連絡しやすくなるようです
特に、出会った日や食事・お酒の後などは連絡が来ることで、「楽しんでもらえたんだ!」テンションが上がるようなので、男性からの連絡を待たずに、女性から連絡することをおすすめします。

連絡先の交換後から連絡するまでの時間とは

気になる異性と連絡先を交換したら、どのくらい時間を置いて連絡すれば良いのでしょうか。
女性からでも男性からでも、連絡はどちらからでもかまいませんが、連絡するタイミングを間違えないことがポイントです。
さすがに1か月後では、お相手はあなたのことを忘れてしまっている可能性があります。
知らない異性からの連絡を怖がって、着信拒否やブロックされるかもしれません。
ここでは、婚活イベントや合コンなどで出会った異性への連絡するタイミングについてご紹介します。

当日中に連絡しよう

異性への連絡は、連絡先を交換した当日中がおすすめです。
翌日や数日後など、時間が空くほど、記憶が薄れてしまうからです。
特に、お相手とあまり話ができなかった場合は、あなたの存在が薄いことも考えられます。
少しでも思い出してもらえるように、出会った日の夜には連絡を入れておきましょう

深夜は長くならないように端的にしよう

出会い、別れた時間が遅い場合は、連絡する時間が深夜になることもあるでしょう。
相手が寝ている可能性もありますが、当日中に連絡をすることで「気にかけている」というアピールにもなります。
相手の負担にならないよう、内容は短くし、最後に「おやすみなさい」と一言入れておくと、返信を急かすことも、無理強いすることもないのでおすすめです。

連絡先交換後に送ったほうが良いおすすめの内容とは

連絡先を交換した後、実際に何を書けば良いか悩む方も多いことでしょう。
恋愛へ発展させるためには、社交辞令的な内容はおすすめできません。
お相手が楽しんでくれるような内容のメールにするために、工夫することが大切です。
ここでは、連絡先交換後のメールやLINEにおすすめの内容をご紹介します。

当日に盛り上がった内容

連絡先を交換した後に送る内容として、当日に盛り上がったことを書くことをおすすめします。
食べ物のことでも天気のことでも何でも良いので、お相手と楽しく話した内容を書きましょう。
当たり障りのない内容では、「色んな人に同じような連絡をしているのかな」と思われるかもしれません。
しかし、特定の人としかできない内容を書くことで、特別感が出ます
盛り上がった話の続きをすれば、もっと親しくなることもできますし、楽しくて話が止まらなくなるかもしれませんよ。

お相手との共通点の内容

連絡先交換後に送る内容として、二人の共通点もおすすめです。
出身地やミュージシャン、趣味など、プロフィールに書いてあった内容や話す中で見つけた共通点の内容を書くのです。
共通の話題があれば、親近感が湧きますし、会話を広げていくこともできるからです
例えば、出身地が同じ場合は、地元のネタで盛り上がるでしょうし、料理が趣味という場合は、得意料理やよく食材を買いに行くお店などのネタで盛り上がるでしょう。
共通点を話すことで、距離が近づきますから、1個だけではなく、たくさん見つけて話のネタにすることをおすすめします。

お相手への疑問や質問の内容

連絡先交換後に、連絡する際の内容として、お相手への疑問や質問などもおすすめです。
最後に疑問形を入れれば、言い切る形にはならないので、お相手からの返信率が高くなります
好きな異性のタイプや休日の過ごし方などが良いでしょう。
年収や学歴、過去の恋愛の話などは、質問されることを嫌う人もいますし、既読スルーになって連絡が来なくなる可能性もあります。
デリケートな内容についての質問は、お相手から話してくる時以外には聞かないほうが良いでしょう。

連絡先を交換できて嬉しかったという内容

連絡先を交換できて嬉しかったことについて送ることもおすすめです。

・「今日はありがとうございました。気になっていたので、連絡先を交換できて嬉しかったです」
・「先程はありがとうございました。もっと話したかったので、連絡先を交換できてよかったです」

上記のように、嬉しいという素直な気持ちを書くのです。
連絡先を交換できたことを喜んでもらえたら、悪い気になる人はいないでしょう。
しかし、婚活イベントやパーティーでは多くの人と連絡先を交換することもありますから、他の人にも同じ内容を送っていると思われるかもしれません。
対策としては、お相手の服やヘアスタイルなど、印象に残ったことを伝えることです。
他の人とは違っていた部分を書くことで、「間違いなく自分宛だ!」と思ってもらえるでしょう

連絡先交換後のやりとりでしてはいけないこと

気になる異性と連絡先を交換できた場合は、メールやLINEなどで連絡を取り合うことになりますが、何を書いても良いわけではありません。
お相手の立場になって、自分がされたら嫌だと思うことはしないように気をつけて送信しましょう。
ここでは、連絡先交換後のやりとりでしてはいけないことをご紹介します。

タメ口になる

連絡先を交換する際は、ある程度仲良くなっていることが多いので、連絡する際に友達感覚になってしまう方もいるかもしれませんが、礼儀を忘れてはいけません。
どれだけ親しくなっても、同じ年でも、出会って、間もない段階では、敬語でやりとりしましょう。
親しみを込めてタメ口にしたいという方もいるかもしれませんが、馴れ馴れしい、図々しいと感じて嫌がる方もいますから、おすすめできません
初対面でタメ口という態度は、悪い印象を与えかねません、男性からの場合は怖いイメージを与えることにもなりかねませんから、ある程度親しい関係になるまでは、タメ口は控えたほうが良いでしょう。

上から目線になること

連絡先交換後のメールやLINEで上から目線になることもやめがほうがいいでしょう。
婚活イベントでも合コンでも、立場はみんな同じで、どちらが上というわけではありません。
それなのに、上から目線の内容を送ってしまうと、お相手を不快な気持ちにさせてしまうからです。
特に、お相手より年齢が高い場合は、アドバイスをする、お相手の話を否定するなど、年上の雰囲気を出そうとすることもあるようですが、上から目線の態度を嫌がるタイプもいます。
上から目線によって、「軽く見られている」と感じてしまう方もいますので、同じ立場になって文章を考えることをおすすめします

過剰なアプローチ

連絡先交換後は、嬉しい気持ちからアプローチしてしまうこともあるでしょうが、過剰にすることはやめましょう。
過剰なアプローチによって、「異性なら誰でもいいのかな?」と思われてしまうからです
連絡先の交換によって距離が縮まったと思い、男性から女性へボディタッチすることもあるようですが、馴れ馴れしいという印象を与えてしまいます。
その後、メールやLINEで連絡した時にも、同じような感じでアプローチすると、警戒されてしまい、結果的に要注意人物と勘違いされる可能性があります。
また、過剰なアプローチによって、異性慣れしていると思われてしまうこともありますから、親しい関係になるまでは、積極的な言動は控えることをおすすめします。

返事がないのに送信し続ける

連絡先を交換し、連絡をすればお相手からの返信が楽しみですよね。
しかし、いくら待っても連絡が来ない場合は、どうして来ないのか気になって、何度も送ってしまいたくなるかもしれませんが、そこは耐えることをおすすめします。
相手から返事が来るまでは、こちらからの再送信は待ったほうが良いでしょう。
返事がないのに、何度も送ってしまうと相手から怖がられる可能性があります
一度くらいであれば、「届いていないかと思ったので」と一言書いて、再送信しても良いですが、その後は、お相手からの返信が来るまでは待ちましょう。

返信率が高くなる送信内容や時間帯とは

連絡先を交換して何度かLINEやメールをしても、なかなか盛り上がらないということがあるでしょう。
そんな時には、送信内容や時間帯を少し変えてみましょう。
ここでは、お相手からの返信率が高くなる送信内容や時間帯をご紹介します。

質問してみる

返信率を高めるためには、質問することをおすすめします。
何でも良いので、相手が不快にならないような質問を文末に入れてみましょう。
簡単に答えることができるような内容であれば、相手から返信が来て、そこから話を展開させていくことができるはずです。
言い切りタイプの文章では、返信したくても内容が思い浮かばずに悩む方もいるようですから、返信しやすくするために質問してみるという方法はおすすめです

夜に連絡する

夜は、アルコールが入っている、入浴後であるなど、リラックスできる時間なので、返信率が高くなると言えます。
リラックスタイムだからこそ、じっくり考えた内容の文章が届き、昼間とは違う話もできて、距離がぐっと縮まる可能性もあるでしょう

連絡先を交換後のデートの誘い方

連絡先を交換してやりとりするようになった場合、ずっとやりとりだけでは、関係性が進みませんし、デートにも誘いたくなりますよね。
デートは、大体2~3日後くらいに誘うことがおすすめです。
では、デートは一体どこへ行けばよいでしょうか。

自分もお相手も楽しめる場所が理想的

デートへ誘う場合は、ある程度やりとりが進んでからになりますが、お互いに楽しめるように、すり合わせておくと良いでしょう。
自分もお相手も楽しめる場所にすれば、デートの日までのやりとりも弾むでしょうから、当日まで仲を深めておけば、デートも大成功に終わるのではないでしょうか

まとめ 連絡先交換後のやりとりは大切にしよう!

連絡先交換後の連絡は、女性からでも男性からでも大丈夫ですが、送信時には一度内容を確認して、お相手に不快な気持ちを与えないかどうか確認することが大切です。
お相手と恋愛関係へ発展させたい場合は、連絡後のやりとりが大切ですから、返信が来やすい内容を心がけ、あまり急がずに関係を築いていきましょう。

(Visited 1 times, 1 visits today)

投稿者プロフィール

スズ
スズ
執筆業をしています。
恋愛ゲームのシナリオや恋愛小説、恋愛コラムなど恋愛関連の執筆の他、美容や健康など様々な種類の執筆を行っています。
執筆内容が少しでも皆様のお力になれば嬉しいです。
恋愛や結婚についての役立つ情報をアップしていきます!

関連記事

  1. 面白い自己紹介の仕方を大公開!趣味や特技などあらゆることを活用しよう

  2. 喪女でもできる婚活におすすめのメイクやファッション

  3. 婚活中の男性と女性におすすめの清潔感のある服装や髪型とは

  4. 無職でも結婚できる!無職の婚活方法や恋愛方法などをまとめてご紹介

  5. お見合いと婚活の違いって何?違いを知れば自分に合う方法がわかる!

  6. 婚活中の同時進行は当然⁈同時進行のメリットとやり方とは