婚活での狙い目は年の差⁈年の差婚のメリットとデメリット

一目惚れや学校、社内恋愛などで相手を好きになった場合は、年齢で好きになるのではなく、相手の性格やルックスなどが決め手になって好きになることが多いでしょう。
好きになった男性との年の差が10歳でも5歳でも、特に気にしないでしょうが、結婚になると様々な問題が発生する可能性があります。
ですから、婚活の際には、予め理想の年齢を設定してパートナーを探すことが多いようです。
女性の場合は、年の差5歳程度まで許容できるという方が多いようです。
「できるだけ同い年がいい」、「年の差は2~3歳がいい」など、希望はあるでしょうが、10歳以上年上や年下を希望することで、結婚相手が見つかりやすくなることがあるようです。
今回は、婚活中の女性のために、年の差婚のメリットやデメリット、年の差がある男性を夢中にさせる方法などについてご紹介します。

年の差婚の実態とは?

恋愛結婚では、10歳以上年上の男性や年下の男性からアピールされることは珍しいかもしれませんが、結婚相談所やマッチングアプリなどの婚活の場では、珍しいことではありません。
芸能界では、10歳以上の年の差でも結婚するケースは当然のようにありますが、一般の方々の許容範囲が一体何歳くらいか、ご存知でしょうか。

一般的には年の差は5歳程度

年の差婚をする女性の多くの年の差許容範囲としては、5歳くらいと言われています。
10歳以上になるとハードルを高く感じてしまうようですが、恋愛結婚ではなく、婚活の場合では違うのです。
婚活の場合は、同世代と結婚できる可能性が低く、年の差婚のほうが結婚できる可能性が高いということもあるのです。
例えば、年齢は理想ではなくても、それ以外の部分では理想の男性ということもあるからです。

男性は年下を、女性は年上を好む

恋愛でも婚活でも、男性は年下の女性を好むことから、10歳以上の年の差があっても年上男性からアピールされることが多く、相手の男性は年上なので結婚についても真剣ですから、スピード婚に到るケースもあります。
対して、女性は、年下よりは年上の男性を好むようですが、中には年下との結婚にメリットを感じていて、年上以外の男性を求めることもあります。

見た目が若ければ年齢差を感じにくい

年の差婚と言えば、やはり「周囲の人たちからどんな風に見られるか」、「世代間ギャップはないか」という様々な問題が重要視されます。
特に、相手の第一印象が、結婚相手としてみることができるかどうかを決めると言っても過言ではありません。
日頃から見た目に対してのケアをしている方であれば、年齢より若く見えることもあります。
健康的で若々しい外見であれば、10歳以上年上でも年齢を感じず、結婚相手として認められるケースもあるのです。

年の差10歳以上のメリットとは

婚活では、やはり若い男性のほうが人気は高いのですが、出会う確率としてはなかなか難しいようです。
自分と同世代を探しても、なかなか出会いが少ない場合には、対象年齢を10歳以上にして探すとお相手が見つかりやすいようです。
ここでは、年の差10歳以上の男性に絞った場合のメリットについてご紹介します。

貯蓄や収入が多い

年の差10歳以上の男性は、収入が安定していて、貯蓄が多い傾向にあります。
会社でも役職に就いていることから、責任感もあって、頼れる存在になるでしょう。

人生経験豊富で落ち着いている

自分より10歳以上年上の男性の場合は、当然ながら人生経験が豊富ということもメリットと言えます。
色んな経験をしているからこそ、落ち着きがあって、思いやりもあるので、喧嘩にもなりにくいでしょう。
年下の女性を可愛いと思い、大事にしてくれることから、付き合うことであなたの心は幸せを感じて、安定するはずです。

10歳以上の年の差婚にあるデメリットとは?

婚活で理想的な10歳以上の男性と出会えた場合、できるだけ早く結婚したいと思うかもしれませんが、ちょっと冷静になって考えることも大切です。
ここでは、10歳以上の年の差がある年上男性にあるかもしれないデメリットについてご紹介します。

住居ローンが組めない可能性がある

年齢が高ければ高いほど、様々なローンが組みにくくなります。
結婚してから住宅ローンを組みたくても、年齢によって申請が通らないので、結婚後の住まいやローンを組むことが可能かどうかなどについて聞いておくことをおすすめします。

介護問題がのしかかる

10歳以上の男性には、男性よりもっと年齢が高い義理の両親がいます。
介護が必要な場合は、結婚してからお世話の日々が待っています
男性側もあなた側も、両親が今は元気でも、年齢が上がるにつれてお世話しなければならないので、ある程度の覚悟が必要です。

定年が来れば一緒にいる時間が増える

あなたが40代の場合は、男性の年齢は50歳以上ですから、定年退職する日が近いかもしれません。
企業によっては60歳を過ぎても雇用することもありますし、自営業であれば定年はありませんが、いずれは定年の日は来ます
定年が来れば一緒にいる時間がほとんどでしょうから、定年後の人生が来た時に楽しめるかどうか考えることも大切でしょう。

男性が年下の場合のメリットとは?

男性が年下という年の差がある場合には、年上の男性とはまた違うメリットがあります。ここでは、年下男性を選んだ場合のメリットについてご紹介します。

包容力で喧嘩にならない

年下の男性を選ぶ女性は、母性と包容力があるので、年下の男性の足りない部分やダメな部分を見ても、気になりにくいようです。
デメリットに思えるようなことでも、「可愛い」と思うことができるので、喧嘩に発展することもないのです。
同い年や年上の男性を選んだ場合は、「私より年上なのに足りない」、「同い年なのに幼い」など不満に思うことがあるようですが、年下の場合はそれをわかった上で付き合い、結婚するので不満を抱くことが少ないのです。

若々しく生きることができる

年下の場合、自分よりも若いということで、少しでも年齢を感じさせないように、若々しくしていようという気持ちになるようです。
年下の男性とは年の差はありますが、肌や体型は努力次第で維持することが可能です。
流行を取り入れることや少しでも若さを感じてもらえるように、普段から行動しますから、年下と付き合い、結婚することで、若々しく生きることができるというメリットがあるのです。

年下だから努力してくれる

年下のメリットとして、男性側も努力してくれるということもあります。
家事や子育てなどを積極的に手伝ってくれるのです。
年齢差がある分、男性的な面を見せたいという気持ちがあるので、様々なことを頑張ってくれるのです。
結婚しても仕事を続ける場合は、家のことがあって手一杯になるようですが、年下男性であれば率先して動いてくれるようです。

男性が年下の場合のデメリットとは?

婚活をする際には年下を選んだ時のデメリットを知ることも大切です。
年の差があることで抱える問題もあるからです。
ここでは、男性が年下の場合のデメリットについてご紹介しましょう。

結婚年齢によって高齢出産になる

アラフォーで年下の男性を選んだ場合は、高齢出産になる可能性が高くなります。
現在は、不妊治療によって授かることもできますが、年齢が高くなるほど妊娠が難しくなるようです。
また、年下の男性が子供をたくさん望んでいる場合は、年齢的にどこまで叶えることができるかという問題もあります。
婚活で年下の男性を選ぶ場合には、子供のことについてどう思っているか確認したほうが良いかもしれません。

浮気の心配がある

年下の男性と結婚すると若々しく生きることができるとご紹介しましたが、努力を怠ることで浮気される可能性もあります。
年下の男性の周りに若い女性が多いほど誘惑も多いでしょうし、肌や体型を比べられることが増えるかもしれません。
年の差はいつまで経っても埋めることはできませんから、心配する日々を送ることが嫌だという場合は、最初から年下の男性は選ばないという方法もあります。

年の差婚には対策が必要!男性を夢中にさせるポイント

婚活で年の差がある男性を候補にする場合は、男性を虜にするために、対策をとることをおすすめします。
婚活の場で少しでも魅力的に見えるように、結婚を望む女性たちは自分磨きを必死で頑張っているようです。
年の差が上の場合でも下の場合でも、若々しく見えるように努力することは、結婚への近道になるはずです。
ここでは、婚活で年の差がある男性に若々しさを感じてもらい、夢中にさせるポイントについてご紹介しましょう。

しわやたるみが目立たないよう表情筋を鍛える

若々しく見せるためには、しわやたるみが目立たないように努力することをおすすめします。
しわがあるだけでも見た目年齢が上がってしまいますから、張りのある肌にするのです。
そのためには、表情筋を鍛えることをおすすめします。
表情筋は顔全体にある筋肉のことで、鍛えることでリフトアップが可能です。
例えば、口を大きく開けて行う「あいうべ体操」は、顎や頬の舌などの筋肉を刺激するので、たるみ改善や小顔効果が期待できます。
「あ・い・う・べ」と1秒ずつキープしながら行い、最後の「べ」では舌の先を顎の先へ向けて思い切り伸ばすことがポイントです。
1日3回、1分程度もあれば終わりますので、毎日行いましょう。

メタボ体型にならない

年齢を重ねると脂肪の燃焼が低下していき、下半身太りになりやすいので、メタボ体型にならないようにすることも大切です。
体型の変化によってマイナスの印象を与えてしまうことがあるからです。
年下の男性であれば、メタボになることでより年上の女性と感じさせてしまうかもしれません。
メタボ体型にならないためには、日々の食事と運動でしょう。
1日にしてメタボになることはなく、日々の蓄積の結果メタボになるわけですから、婚活を良い機会と考えて食生活や運動量などを改善しましょう。

歯並び改善やホワイトニング

婚活を考える男女は身だしなみにも気にしていますから、当然相手のこともチェックするはずです。
中でも歯は、とても印象に残る部分で、笑顔の時に虫歯やヤニがあれば、マイナス要素になってしまうのです。
年齢を重ねるほど歯へのケアが大切ですから、歯を念入りにケアしている年上の男性の場合は、自分よりも若い女性の歯をじっくりチェックするかもしれません。
歯並びで気になる部分があれば、矯正することもおすすめです。
黒ずみやヤニの場合は、虫歯治療やホワイトニングで改善しますので、自信を持って笑顔を見せることができるように、一般歯科や矯正歯科を受診してみてはいかがでしょうか。

白髪染めする

白髪によって老けて見えることもあります。特に婚活の際、年下の男性を狙いたいのであれば、老けて見られないように白髪染めすることをおすすめします。
年上好きの男性でも、あまりに老けていたらマイナス要素になることがありますし、年上男性でも若い女性らしさがないことで候補から外される可能性もあるからです。
白髪を染めないという男女も増えつつありますが、婚活の場では年相応か、実年齢より若く見えたほうが有利になることもありますので、白髪が目立つ場合には染めたほうが良いかもしれません。

年の差婚をする際の確認事項

年の差婚をする場合は、ある程度相手の状況を把握しておくことをおすすめします。
特に、スピード婚になってしまうと詳細について知らないまま結婚してしまい、実際に結婚生活をスタートしてから後悔することもあるからです。
ここでは、年の差婚をする際に確認しておいたほうが良いことをご紹介しましょう。

年の差婚の場合には6個チェック!

確認事項としては、以下の6個です。
年齢が10歳以上の男性の場合だけではなく、年下の男性の場合にも当てはまることですから、しっかりチェックした上で、結婚するかどうか決めることをおすすめします。

・親の介護はどうなるか
・貯金がいくらあるか(40代くらいであれば1000万円以上、30代くらいであれば800万円以上)
・持病はないか、健康体か
・勤めている会社は大手企業か
・家のことに積極的に関わるタイプか
・結婚後に生活する場所は、子育てできる環境かどうか

以上の項目を確認し、該当しない場合には妥協できるかどうかをよく考えてから先へ進むことをおすすめします。

まとめ 10歳以上の年の差婚で幸せになろう!

いずれにせよ、婚活中は年の差の範囲を10歳くらいまで考えることができれば、成功率が上がるようです。
介護や老後などの問題がありますから、将来設計も考えた上で、受け入れることができるのであれば、婚活相手として希望する男性の年齢を上げる、または下げてみてはいかがでしょうか。

(Visited 1 times, 1 visits today)

投稿者プロフィール

スズ
スズ
執筆業をしています。
恋愛ゲームのシナリオや恋愛小説、恋愛コラムなど恋愛関連の執筆の他、美容や健康など様々な種類の執筆を行っています。
執筆内容が少しでも皆様のお力になれば嬉しいです。
恋愛や結婚についての役立つ情報をアップしていきます!

関連記事

  1. 30代が付き合うまでの期間は?年代別の違いや付き合うきっかけなど

  2. 聞き上手は婚活で有利!自己PRになる理由や出会いの場での活かし方など

  3. お見合いと婚活の違いって何?違いを知れば自分に合う方法がわかる!

  4. 彼氏や彼女を募集中は何をすればいい?すべきことや注意点など

  5. 婚活中はメンタルケアも大事!婚活うつにならない方法や対処法

  6. 婚活サイトは使い方次第!便利で安全で怖くない!