婚活で出会ったお相手とのデートの頻度や連絡の仕方、やりとりの内容など

お付き合いしている人とのデートの頻度は、週に1~2回というカップルが多いようですが、婚活で出会ったお相手とデートする場合には、どのくらいの頻度が良いのでしょうか。
まだお付き合いする前の状態ですから、あまり多すぎても負担になるかもしれませんが、逆に少なすぎれば印象に残らず、気持ちが離れてしまう可能性もあります。
婚活をする人たちは、結婚したいという気持ちが前提です。
恋愛を楽しみたいという気持ちよりも結婚したいという気持ちが強い傾向にありますから、時間を掛けすぎないことが大切です。
今回は、婚活で出会ったお相手とのデートの頻度や連絡の仕方、おすすめのやりとりの内容などについてご紹介します。

婚活で出会ったお相手とのデートの頻度とは

婚活で出会ったお相手とデートしたい場合は、どのくらいが理想的だと思いますか?
付き合う前の段階なので、どのくらいの頻度でデートをすれば良いのか、悩む方もいるのではないでしょうか。
ここでは、婚活で出会ったお相手とのデートの頻度やお付き合いするまでの期間などについてご紹介します。

一般的なデートの回数とは

婚活で出会ったお相手との一般的なデートの回数は、2~3週間程度に1回くらいです
週に1回という頻度では調整し辛いですし、なによりも婚活中なので、他の異性と同時進行することもあるからです。
デートだけではなく、婚活イベントやパーティーへ参加することもあるでしょうから、月にすれば1~2回程度のデートになります。

お付き合いするまでの一般的な期間はどのくらい?

婚活で出会ったお相手とお付き合いするまでの一般的な期間は、大体3か月程度と言われています
月に1~2回程度デートした場合、最大6回のデートまでに決めることになります。
デートの回数が最小の3回でも、メールやLINE、電話などで3か月間はやりとりができますから、お相手との相性を知るにはちょうど良い期間と言えるでしょう。
お互いに一目惚れした場合や付き合いたいという気持ちを早い段階で確認できた場合は、3か月を待たずに付き合うこともあります。
しかし、恋愛相手ではなく結婚相手を探していることから、男女共に慎重に考えるケースが多いようです。

婚活では長期戦のお付き合いは不向きである

婚活イベントやパーティーなどで気になる異性と出会った場合は、お相手のことを見極めることが大事です。
しかし、あまり時間をかけすぎると他の異性の元へ行ってしまう可能性もあります。
気になるお相手と連絡を取り合うことができても、どちらもアクションを起こさなければ、関係が発展することはありません。
女性の場合は、デートに誘ってもらえないという状況から「私に興味がないんだ」と思ってしまい、不安感から離れていくことが多いようです。
婚活で出会った場合は、のんびりとした長期戦ではなく、短期戦と考えて、お相手が引かない程度で、積極的に動くことをおすすめします

婚活で出会ったお相手へ連絡する際のポイント

婚活イベントやパーティーで出会ったお相手と連絡を取り合う場合は、連絡を頻繁にすることが大切です。
お相手からの連絡を待っているだけでは、そのまま音信不通になる可能性がありますから、自分から連絡をする気持ちでやりとりしましょう。
実際に会えなくても、連絡を取り合うだけでお相手との距離は縮まるはずです。
逆に連絡をしない時間が長くなれば、気持ちはどんどん離れていきやすく、デートの約束も取りづらくなるので、連絡は取り続けましょう。
ここでは、婚活で出会ったお相手へ連絡する際のポイントについてご紹介します。

自分のことを意識させること

婚活で出会ったお相手との関係を発展させるためには、デートをしていない時間にも自分のことを考えてもらうことがポイントです。
自分のことを意識させるためには、連絡の頻度を多くすることが大切です。
以下のような内容ではお相手の印象に残りづらくなります。

・「また機会があればデートをしましょう」
・「時間が合ったらまた食事しましょう」

以上のようなメールやLINEでは、単なる社交辞令と思われる可能性があります。
「○○さんと一緒に食事したい」、「○○さんと出かけたい」ということが伝わるように、できるだけ楽しい話題をやりとりしましょう。
「一緒にいたい!デートしたい!」と思わせることが大切なのです。
デートしたい人と思われることができれば、デートのOKももらいやすいですし、デートの頻度も多くなっていくでしょう

お相手のペースに合わせて連絡すること

婚活で出会ったお相手との連絡については、多すぎないということも大切です。
頻繁に連絡することで親密になるケースもありますが、その一方で連絡のし過ぎによって、お相手を疲れさせてしまい、飽きられてしまうこともあるのです。
一度に長文の内容を何通も送ることや返事がないことを指摘することなどは、お相手に負担をかけるだけですから控えましょう。
例えば、お相手から返事がない場合は、忙しい、具合が悪いなど、何か事情があることが考えられますから、一歩引いて連絡を待つことが大切です。
人によってはメールが苦手で返信速度が遅いこともあるので、連絡を催促することはやめましょう。
デートを楽しみたいのであれば、会えない時間にもお相手を思いやる気持ちが大切です。
お相手のペースに合わせて、連絡をすることで良い距離感ができるでしょう

デートの回数が増えても連絡の仕方を変えないこと

婚活で出会ったお相手との連絡では、デートの回数が増えても連絡の仕方を変えないこともポイントです
デートの回数が増えていくうちに気持ちの余裕も生まれるでしょうが、お相手も同じ気持ちとは限らないのです。
連絡が減ることを敏感に感じるタイプの方もいますから、「気持ちが変わったんだ」と思われてしまうと、婚活で出会った他の異性へ気持ちが向く可能性もあります。
デートの頻度が増えても両想いになったわけではないので、連絡の仕方を変えないようにしましょう。

婚活で出会ったお相手とのおすすめのやりとりの内容とは

婚活で出会ったお相手とのやりとりでは、どんなことを話題にすれば良いか悩むのではないでしょうか。
お互いに結婚したいという気持ちが強く、結婚相手を探しているわけですから、自分との相性が合うかどうか、デートはどこへ行きたいかなどを確認することがおすすめです。
天気や仕事の話をしているだけでは、知人程度の関係のままですから、お相手との距離が縮まるような内容を探してみましょう。
ここでは、婚活で出会ったお相手とのおすすめのやりとりの内容をご紹介します。

好きな食べ物の話をする

婚活で出会ったお相手のことは知らないことが多いでしょうから、王道である食べ物の話をおすすめします。
食べ物や飲み物に関して興味がないというタイプは少ないですし、お互いの好みが合えばそこからデートにも誘いやすくなります。
好きな料理やお店、得意料理など食べ物に関する話をすることで、食の好みがわかりますから、結婚してからも同じ食事を楽しめるかどうかを確認することができます
また、お相手が料理をするかどうかもわかるので、料理上手の男性とわかった場合には、女性側の負担が減るので、結婚に対しても前向きになることがあるようです。
料理がお互いに苦手だとわかることもありますが、一緒に料理教室へ通って腕を磨くというデートもできるでしょう。

話題のスポットの話をする

婚活で出会ったお相手とのやりとりの内容として、話題のスポットの話もおすすめです。
季節限定や流行っている話題のスポットなどについてやりとりすることで、お互いに「行ったみたい!」という気持ちが強くなるはずです。
「一緒に行きましょう」と誘いやすい雰囲気になりますから、自然な流れでデートができるでしょう。
特に、期間限定のイベントの場合は、日程に限りがあるので、「明日で終わり!」ということであれば、すぐにデートすることができる可能性があります
また、どんな所に行きたいかという話をすることで、お相手が好む場所や趣味などもわかるようになりますし、一緒に行くことが増えるほど親密さも増すはずです。
普段はご自身が行かないような場所でも一緒に行くことで楽しめる場合もありますし、新しい趣味になる可能性もあります。
興味がない場所であってもお相手が好きなことに歩み寄ることをおすすめします。

感謝の気持ちを伝える

婚活で出会ったお相手とのやりとりの内容として、感謝の気持ちを伝えることもおすすめです。
お相手からのお返事が届いたらそのまま会話するのではなく、「お返事ありがとうございます!とても嬉しいです」、「お忙しいところありがとうございます!」というように、感謝の気持ちも伝えましょう。
お相手はきっと嬉しい気持ちになってメールの返事も滞ることがなくなるはずです

1通につきひとつの質問をする

婚活で出会ったお相手とのやりとりの内容として、質問することもおすすめです。
お相手のことを知り、そして自分のことを知ってもらうためには、質問することです。
一度のメールやLINEでいくつも質問があると、お相手を疲れさせてしまうので、ひとつだけに絞りましょう。
ひとつでも質問することで次の会話にも繋がりますし、お相手も質問の答えを返すという目的があるので連絡をしやすくなるはずです

婚活で出会った相手との連絡が止まった!こんな時は○○しよう!

婚活で出会ったお相手とデートを楽しみ、連絡の頻度が増えても、突然連絡が止まるというケースがあります。
連絡が止まってしまった時にはどんな風に対処すればよいのでしょうか。
ここでは、お相手から連絡が来なくなった時の対処の仕方についてご紹介します。

これまでのやりとりを振り返る

連絡が来なくなったら、これまでのやりとりを振り返ってみましょう
お相手ではなく自分のメールやLINEが最後になっている場合は、こちらに対する興味がなくなり、連絡をやめてしまった可能性があります。
こちらからの連絡に対する反応が全くなく、1週間以上経過している場合は、振られた可能性が高いでしょう。
もし、お相手からの連絡で終わっている場合は、お相手がこちらの連絡を待っている可能性がありますから、普段通りに連絡をしてみましょう。
お相手も連絡がなくてどうすればよいか考えているかもしれませんから、きっかけによってまた連絡を取り合い、デートもできるようになるかもしれません。

デートに誘ってみる

婚活で出会ったお相手から連絡がこない場合には、デートに誘ってみることをおすすめします
もし、興味がなくなった場合は、残念ながらデートの返事が来ない、断られるなどが考えられます。
その時は、きっぱり諦めて他の異性を探しましょう。
デートのOKがもらえたら、こちらの考えすぎやお相手が多忙だった可能性があります。
デートに誘うことでどちらかがはっきりしますので、考えてもわからないような状況になってしまったら、思い切って行動してみることをおすすめします。

他の異性とデートしてみる

婚活で出会ったお相手から連絡がこない場合には、他の異性とデートしてみることもおすすめです
婚活中の多くの方は、一人だけに絞らず、複数人と同時進行でデートややりとりをしています。
他の異性とデートすることで気持ちの切り替えができますし、その間に連絡がなかったお相手からお誘いの連絡が来るかもしれません。
ただじっと待っているのではなく、気持ちを分散させることで考え方にも変化があるでしょう。
色んな異性とデートすることで選択肢も広がります。
正式に付き合いするまでは、一人だけに絞らずに複数人と同時進行のデートをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ 婚活で出会ったお相手とのデートではスピード感も大事である!

婚活で出会ったお相手とのデートの頻度ややりとりの仕方などについてご紹介しました。
ご紹介したように、デートをしたいお相手ができた時にはやりとりを増やし、受け身ではなく、積極的に行動することが大切です
婚活中の方は、結婚を真剣に考えていますから、脈がないとわかると他の異性へ行ってしまうかもしれません。
結婚したいと思える異性と出会えたら、後悔しないようにできる限りのアピールをしましょう。
「少しでも早く結婚したい!」と思う方もいますから、時間をかけすぎず、スピード感も意識して、お相手にとって気になる人から運命の人になりましょう。

投稿者プロフィール

スズ
スズ
執筆業をしています。
恋愛ゲームのシナリオや恋愛小説、恋愛コラムなど恋愛関連の執筆の他、美容や健康など様々な種類の執筆を行っています。
執筆内容が少しでも皆様のお力になれば嬉しいです。
恋愛や結婚についての役立つ情報をアップしていきます!

関連記事

  1. 低年収だから結婚できないと諦めた人でも結婚はできる!?

  2. 美人の婚活は楽ではない?!美人なのにモテない理由や対策とは

  3. 男性と女性の婚活でのプロフィールの例文やカードの書き方などをご紹介

  4. 人見知りでも結婚したい方におすすめの婚活方法や婚活パーティー

  5. 婚活パーティーでの無言状態を避ける会話術

  6. 彼氏と結婚したいけれどプロポーズしてくれない時のプロポーズ作戦とは