婚活とはどんなこと?婚活の仕方や特徴や卒業するコツ

晩婚化が進む現在、結婚できなくて婚活をする男女が増えているようです。
何もせず、出会いを待っているより、婚活することで、運命の人と出会う確率は高くなります。
しかし、実際に婚活する場合は、どのようなことをするのか、どうすれば婚活を卒業できるのか、悩むのではないでしょうか。
今回は、婚活の言葉の意味や婚活の仕方、婚活から卒業するためのコツなど婚活にまつわることについてご紹介します。

婚活とは?どんなことをするの?

婚活という言葉は、少子化ジャーナリストの白河さん家庭社会学者の山田さんが2007年に提唱したことが始まりでした。
ここでは、婚活の定義や内容についてご紹介します。

そもそも婚活って何?

婚活とは、結婚活動のことです
就職活動を就活と略すことと同様に、婚活も略した言葉です。
2008年に婚活時代という書籍がベストセラーになったので、その年から広く知られるようになりました。
2年連続で流行語大賞にもノミネートされましたから、今では知らない人のほうが少ないでしょう。

婚活内容とは?

2008年から知名度が上がった婚活ですが、内容は広く、結婚に繋がることであれば、全て婚活と言えます
例えば、結婚相手のために料理を習うことやダイエットすること、エステへ通うことなど、結婚に繋がることであれば、全て婚活と言えるのです。
もちろん、これだけでは婚活ではありません。
結婚相手がいない場合には、婚活として出会いを探す必要があります。
出会いを探す方法としては、以下です。
結婚相手がいない場合には、婚活として出会いを探す必要があります。
結婚相手を探す活動も婚活なのです。
出会いを探す方法は、後程詳しくご紹介しましょう。

婚活しないと結婚できない時代に突入!

一昔前は、婚活という言葉すらなかったですし、婚活に意欲的になる人も少なかったのですが、なぜ今婚活ブームになっているのでしょうか。
理由は、未婚率の上昇です。
昔は、自由恋愛ができずに、親が決めた相手と結婚することやお見合い結婚は珍しくなかったので、未婚率は低かったのです。
しかし、1990年頃から女性の社会進出や自由恋愛、結婚相手に求める理想が高くなるなどの理由から未婚率が高くなってしまったのです。
自由に生きることができるというメリットがあるが故に、人生の選択肢も広がり、その結果として結婚への期待値や希望が減少し、独身のまま過ごしている人が増えているのです
婚活する人は、葛藤や悩みを抱えていることも多く、中には婚活鬱になってしまうというケースもあります。
婚活する際には、人生を見つめ直し、結婚したいという強い気持ちと努力が必要かもしれません。

おすすめの婚活方法をご紹介!

結婚相手を探すための婚活方法は、様々あります。
簡単な方法としては、同僚や友達から紹介してもらうことや合コンをセッティングしてもらうことです。
しかし、婚活する方々の中には、周囲には内緒にしておきたいという方もいるようです。
ここでは、自分でできる婚活方法をご紹介します。

婚活アプリを利用する

最近の婚活は、婚活サイトやアプリを使って簡単にできます。
ネット環境さえ整っていれば、登録してすぐ始めることができます。
特に難しいことはありませんし、サポート環境も充実していますから、不明点があればすぐに教えてもらうこともできます。
ネットを使って行う婚活の場合は、すぐ会わなければならないということもありませんから、仕事のペースや生活スタイルを乱すこともありません。
異性とのやりとりに自信がない方でも、ネット上なのであまりハードルは高くないはずです
婚活初心者でも気軽にできますので、実際に会うことに抵抗がある方は、まずは婚活アプリで免疫をつけてはいかがでしょうか。

婚活イベントやパーティーへ参加する

婚活アプリで異性とのやりとりに慣れてきたら、イベントやパーティーへ参加することをおすすめします。
婚活イベントやパーティーでは、予めテーマが決まっているのでどんな人が参加するのかわかります。
年収や年齢、人数が決まっているので、自分が理想とするパートナーと出会える確率が高くなると言えます
また、連絡先の交換が自由な婚活イベントやパーティーへ参加した場合は、スタッフや司会者が促してくれることもありますから、気軽に連絡先を交換できます。
大人数が苦手な方は、最初は個室や少人数制の婚活イベントへ参加して、慣らしていくという方法をおすすめします。

結婚相談所を利用する

結婚相談所を利用して婚活する方法もあります。
結婚相談所では、登録料や初期費用、成婚料などはかかりますが、サポート力が高いので、色々な面で相談に乗ってもらうことができます
結婚相談所によっては、「〇ヵ月、出会いがない場合には返金します!」という制度を取り入れているところもあります。
ネットからの予約や資料請求もできますから、誰かと相談しながら婚活したいという方や婚活が上手くいかないという方は、利用してみてはいかがでしょうか。

出会いが多い婚活パーティーの特徴や費用とは?

結婚に繋がる全てのことは婚活ですが、相手がいない場合には、まず見つけなければなりません。
出会いがある婚活と言えば、婚活イベントやパーティーです。
婚活イベントやパーティーでは、合コンとは違って真剣な出会いを見つけることができます。
ここでは、婚活パーティーの費用や場所などについてご紹介します。

婚活パーティーの費用はどのくらい?

婚活イベントやパーティーの参加費用は、内容によって異なりますが、一般的には女性のほうが安い傾向があります

・男性は、4千円から1万円程度
・女性は、無料から4千円程度

以上が目安になりますが、出会いのランクを高めたい場合には、婚活パーティーの参加費用はもっと高くなります。

婚活イベントやパーティーはどこでするの?

婚活の開催場所は、運営する会社によって様々です。
船上やホテルの大広間、レストランなどの場合は、大人数の婚活の際に使用します
料理やお菓子作りなど、趣旨によって会場も異なりますから、大人数が苦手な方は少人数で集まる場所から参加するようです。

婚活イベントやパーティーへ参加する人はどんな人?

婚活イベントやパーティーは、気軽な出会いを求める合コンとは違うので、結婚を真剣に考える人たちが集まります。
冷やかしや結婚願望がない人はいませんし、中には婚活を始めたばかりという人もいますので、婚活初心者でも気軽に参加できる場と言えます

婚活イベントやパーティーへ参加することのメリットとデメリット

婚活は、結婚相談所とは違って堅苦しさがないことから、知名度が高い運営会社であればあるほど、参加する男女の人数が多く、結婚相手と出会える確率が高くなると言えます。しかし、良いことばかりではありません。
ここでは、婚活イベントやパーティーのメリットとデメリットについてご紹介します。

安心感があるというメリット

婚活イベントやパーティーの場合は、参加する際に身分証明書の提出が義務づけられているので、安心感があるということが最大のメリットと言えるでしょう。
大きな運営会社が開催している婚活イベントやパーティーの場合は、本人確認を徹底しているので、トラブルに巻き込まれる心配はないのです
実際に、身分証明書を求めない婚活イベントやパーティーの場合は、サクラと呼ばれるような偽参加者や詐欺師なども紛れ込んでいるというケースもありますから、安いからという理由で参加せず、どこの運営会社が開催しているかについて確認することが大切です。

参加者と会話できるというメリット

婚活イベントやパーティーでは、自己紹介の時間がありますから、参加している人と話せなかったと後悔することはありません。
婚活イベントやパーティーではなく、合コンの延長のような街コンに参加する場合は、そのような時間がないので、自分から積極的に話すことができないと無言で帰宅するということもあり得るのです。
婚活イベントやパーティーの場合は、参加者全員と会話できるように主催者側で考えていますので、参加損ということはないでしょう

自分をアピールできないと上手くいかないというデメリット

婚活イベントやパーティーの場合は、参加者と自己紹介する時間があるのですが、長い時間があるわけではありません。
決められた時間内で、自分のことをアピールし、相手のことを知らなければならないので、口下手やアピール下手の場合は、自分のことをアピールできないまま終わってしまうというデメリットがあるのです
運営会社のスタッフや司会者のフォローも入りますが、それでも自分の思い通りにいかず、ほとんど会話できない場合は、容姿で判断されてしまいます。
印象にも残りにくく、その場限りで終わってしまうので、婚活イベントやパーティーへ参加する際は、場慣れすることと予め伝えたいことと聞きたいことを準備しておくことが大切です。

婚活での成功者になる方法とは

婚活は様々ありますから、運命の人と出会って卒業する人はいます。
しかし、中にはなかなか上手くいかなくて卒業できない人がいることも事実です。
ここでは、婚活での成功者になって、できるだけ早く卒業する方法をご紹介します。

婚活ではプロフィールが大事!

婚活では、プロフィールを充実させることが大切です。
婚活サイトでもイベントでもプロフィールで自分を上手くアピールできる人は、異性へ好印象を与えることができるからです。
特に、ネット上でやりとりする場合は、文字だけが印象になりますから、伝える力が成功させるポイントになります。
プロフィール箇所が多いほど、面倒に感じるかもしれませんが、異性側にとってはプロフィールが大事な情報ですから、適当に書いてよいということはないのです
一言で済ませる、ネガティブなことを書く、自虐するなど、特に気にせずに書いたことでも、受け取る側にマイナスの印象を与えてしまい、「この人は合わない」とプロフィールを読んだだけで切り捨てられることもあるのです。
ですから、相手に楽しい、優しい、明るいなど好印象を与えるためには、面倒くさがらずにプロフィールを充実させましょう。

婚活アプリやサイトでは写真も大事!

婚活アプリやサイトにはプロフィールをアップする場所があります。
好印象を与えるためには、笑顔で明るい雰囲気が伝わる写真を選びましょう。
自宅で撮影する場合は、思いもよらないものが映り込むことがありますので、背景に気を付けましょう。
普段の自分らしい姿を見せたい場合は、家族や友達に撮ってもらうことをおすすめします。真面目な写真だけではなく、ブドウ狩りやスポーツ、料理、ヨガなどをしている姿をアップすれば、色んな面を感じてもらうことができるでしょう

やりとりする際は相手のペースに合わせる!

婚活で出会った異性と関係性を発展させるためには、連絡先を交換し、やりとりすることも大切です。
一人に絞ってやりとりする必要はありませんが、同じメッセージを送る、内容を覚えていないなどはNGです。
誰にどんなメッセージをしたか、どんなやりとりをしたかを覚えておきましょう
そして、やりとりが定期的に続くようになったら、相手にペースも合わせることも大切です。
一方的に送り続けることや長文を送ることなどはせず、相手と同じような文章量とタイミングで送りましょう。
色々知りたいこともあるでしょうが、執拗に聞き出すこともおすすめできません。
自己中心的なメッセージも相手の負担になりますから、日記のように書いて送ることはせず、相手の立場になって考えたメッセージを送ると良いでしょう。

まとめ 婚活とは幸せと結婚相手を探すことである!

ご紹介したように、婚活には様々な方法があり、メリットがあればデメリットもあります。
デメリットがあるからと諦めてしまえば、出会いは減ってしまいますから、できるだけ前向きに考えて、積極的にアピールすることが大切です。
自分の望みを明確にして、「必ずパートナーを見つける!」という強い意志があれば、素敵な出会いを見つけることはできるはずです。
苦しむためにするのではなく、幸せになるためにすることが婚活ですから、自分を追い詰めず、楽しみながら参加してみてはいかがでしょうか

(Visited 1 times, 1 visits today)

投稿者プロフィール

スズ
スズ
執筆業をしています。
恋愛ゲームのシナリオや恋愛小説、恋愛コラムなど恋愛関連の執筆の他、美容や健康など様々な種類の執筆を行っています。
執筆内容が少しでも皆様のお力になれば嬉しいです。
恋愛や結婚についての役立つ情報をアップしていきます!

関連記事

  1. 喪女でもできる婚活におすすめのメイクやファッション

  2. 話しかけづらい雰囲気をなくして話しやすい人になる方法

  3. 付き合って半年でプロポーズは有り?結婚したいからこそ知りたいプロポーズまでの期間

  4. 毎日メールは脈あり?なし?お相手からメールがくる理由や脈あり判定の仕方など

  5. 無職でも結婚できる!無職の婚活方法や恋愛方法などをまとめてご紹介

  6. 婚活パーティーでの無言状態を避ける会話術