婚活アプリを使ってみよう!相手に会うまでの使い方やコツを大公開

婚活アプリは、婚活の必須アイテムと呼べるほど一般的になっており、男性も女性も婚活目的で活用している方が増えているようです。
身長や収入、学歴などを入力すれば、すぐに相手を検索できますし、相性が合わなければ連絡を取り合うことをやめれば良いだけなので、アプリの使いやすさも人気がある理由の一つです。
婚活アプリは、メッセージをやりとりすることが鍵ですから、ある程度の根気が必要です。
中には遊び目的で登録しているという人もいますから、ある程度コミュニケーションをとって見極めていかなければなりません。
今回は、男性も女性も使っている婚活アプリの使い方やコツなどについてご紹介します。

婚活アプリはどんなアプリ?

婚活アプリは、結婚を考えている男女が出会えるアプリです。スマホから入会して、登録すればすぐにメッセージのやりとりが可能です。

簡単に誰でも使えることが魅力!

婚活アプリは、ネット環境があればいつでも利用することができますので、通勤時間やお昼休み、寝る前など、隙間時間でいつでも婚活ができちゃいます。
難しい設定はありませんので、パソコンやスマホなどの機械操作が苦手なタイプでも簡単に使えます。
一般的には、お互いにいいなと思った相手と相思相愛になったタイミングでメッセージの交換ができます。
アプリによって利用料金が発生しますが、結婚相談所と比べれば割安と言えます。

婚活アプリで好印象を与える方法

婚活アプリを実際に使う場合は、まず登録作業を行います。
その上で、自分のページを充実させていくことになりますが、実際にどんなことをすれば好印象を与えることができるかについてご紹介します。

自分らしい写真を使う

婚活アプリでは、プロフィール写真の登録が必要です。
「見た瞬間に一目惚れしました!」と言われるような写真は理想的ですが、あまり加工し過ぎると実際に会った時、「全然違う」と思われてしまいます。
写真は印象を決める重要なポイントですが、普段通りの自分を出せている写真を使うことをおすすめします。
一般的には、数枚の写真をアップすることになるので、上半身と全身、普段の自分らしさが出ている写真がおすすめです。
暗い印象を与えないように、自然光がある場所にて笑顔で撮影しましょう。
家族や友達など気取らずに笑顔を見せることができる相手に撮影してもらうと、普段の自分を出せるはずです。

プロフィールを充実させる

婚活アプリでは、写真が重要視されることをご紹介しましたが、プロフィールも相手に好印象を与える部分になります。
特に女性の場合は、男性のプロフィールをじっくり見る傾向が強いので、本気で出会いを探している場合は、男女共にプロフィールを充実させましょう。
プロフィールや基本情報、職業、条件などを入力していけばよいですが、重要視されるのは自由記述のプロフィール欄です。
婚活アプリは、出会い系サイトとは違うので、真剣に出会いを求めていることから、読んだだけではよくわからない薄い内容や「だょ」というような若者言葉やハートマークのような絵文字も好まれません。
プロフィールから性格や品性が伝わるように、わかりやすく、そして丁寧に書き込みましょう。
具体的には、名前や年齢、職業、趣味、自分の性格、休日の過ごし方、求める相手などについて書きますが、この時タメ口ではなく、敬語を使うことがポイントです。
堅苦しくなりすぎないように、顔文字や笑顔の絵文字、音符マーク程度であれば使っても良いでしょう。

結婚願望はアピールし過ぎない

婚活アプリは結婚を考えている人が使用しているのですが、あまり必死さが伝わると相手は引いてしまうかもしれません。「できるだけ早く結婚したいです!」、「結婚願望が強いです!」、「早く子供が欲しいんです!」など、必死な内容は書かないようにしましょう。

婚活アプリを上手に使いこなすコツとは?

婚活アプリは、連絡を取り合う中で関係性を発展させていきます。
残念ながらブロックや退会されてしまうこともありますが、上手くいけば会うことができます。
ここでは、婚活アプリで出会った相手とのメールのやりとりのコツをご紹介します。

メールは自分のペースで返していく

まずは、慌てないことです。
こちらから連絡をして返事が来た場合、相手から連絡が来た場合、自分の理想的なタイプであれば、とても嬉しい気持ちになりますが、落ち着いて返事をしましょう。
特に人気がある婚活アプリに登録した場合は、様々な人からのメールが届くことが予想されます。
乱れ打ちではありませんが、「いいなぁ」と思う人全てと連絡を取り合うことで、誰と会いたいか、誰のことが好きかなどを見失う可能性もあります。
また、登録してすぐに、寝不足やメール疲れになってしまうと、婚活アプリそのものを楽しむことができなくなりますから、距離の取り方も大切になります。
自分のペースを見つけるために、「メールに不慣れなんです」と伝えておくと良いでしょう。
その上で、できる限り返信をしていくのです。
婚活アプリに登録している男女は本気なので、返信スピードを速くすることで相手に真剣さを伝えるということもあるようですが、急いで返してしまうと誤字脱字になりやすいですし、考えなしの内容になってしまいかねません。
1週間に1~2通を程度返す、というようにのんびりしていると「本気じゃないんだ」と思われかねませんから、それ以上は必要ですが、速度も返信数も気にし過ぎないほうが良いかもしれません。
慣れてしまえば、すぐ返信することもできるようになるからです。
婚活アプリで出会えた方々の中には、「週に数回の連絡しか取っていなかった」というのんびりタイプもいますので、自分が本気になれそうな相手が見つかるまでは、自分のペースで良いのかもしれません。
連絡頻度が少なくても濃い内容であれば、相手のこともよくわかるので、最終的に会うことへ繋がるはずですから、中身がある内容をメールすることを忘れないようにしましょう。

自分を偽らない

関係性を発展させて実際の出会いに繋げるためには、相手に会いたいと思ってもらうことです。
好印象を与えたくて自分のことを盛る、偽るなどしてしまいたくなるかもしれませんが、いずれバレてしまうような内容であれば、言ったところで損しかしません
プロフィールの段階で嘘を書いてしまうとそれを守るために、様々なひずみが出てしまうこともありますから、そのままの自分を出して、その上で「会いたい」と言ってくれる人を探すのです。自分のアピールポイントが少なくても、素直な面を出していけば、わかってくれる人は見つかるはずです。
バツイチや子持ちというようなマイナスに捉えられてしまうような内容でも、隠さずに後悔しておくことで真面目な人という印象を与えることもできますので、些細なことでも偽らないようにしましょう。

質問されたらスルーせずに必ず返す

メールのやりとりは、相手からの返事があって成立しますので、必ず返すこともコツです。
出会うためには、まずメールで親交を深めなければなりませんから、どんな内容でも必ず返信するのです。もちろん、あなたが興味ない人であれば、返信することは難しいかもしれませんが、「実際に会ってみたら印象が違かった」という婚活アプリ体験者もいるのです。
どの瞬間から意気投合するかはわかりません
不快な思いをしたという場合は別ですが、そうではなく何となく気が乗らないという場合には、どんな結果になるかわかりませんから、必ず返事をして、会いたくなるかどうかを見極めましょう。
連絡をくれる時点で相手はあなたに興味があるということですから、会える確率は高いということが考えられますから、つかず離れずの距離で良いので、連絡が途絶えないようにしましょう。

仕事が忙しい時期には登録しない

婚活アプリを使う場合は、当然ながら結婚したいという気持ちがあるからでしょう。
しかし、職種によっては時期によって繁忙期がありますよね。この時期に登録してしまうと、仕事と婚活アプリに追われることになります。
片手間にメールのやりとりをしても相手との関係は近づきませんし、会うことになってもなかなか時間を作れず「会う気はないのですね」と思われかねません。
人気がある婚活アプリであれば、たくさんのメールが日々届きますので、自分に余裕がある時に登録するということも婚活アプリを使いこなすコツと言えます。

いい人と出会えたらすぐ退会する

相手がこちらをまだ本命と思っていない場合には、婚活アプリは継続中ですから、お互いに異性からの連絡がひっきりなしに来ることもあるでしょう。この場合は、恋愛関係になってからのトラブルの種ですから、もしいいなと思ったら付き合うことになった時にその場で一緒に退会することもおすすめします。
婚活アプリは不必要になったらやめるということも上手に使いこなすコツと言えるでしょう。

実際に会うまでの日数とは?

婚活アプリを利用して実際に会うまでの期間は、男女の平均が3週間程度と言われています。
アプリ内で出会って連絡を取ってすぐに「会いませんか?」と誘ってしまうと、「慣れている人なんだ」と思われかねません。
特に女性は慎重派が多いようなので、軽薄さを感じる男性とは会うまでの時間が長くなる、又は最終的に会わないという選択をすることもあります。
ここでは、男性と女性の会うまでの期間の違いについてご紹介しましょう。

男性の場合は警戒心があまりない

男性の場合は、大体10回くらいメールのやりとりをすると会いたいという気持ちになるタイプが多いようです。
出会ってからの期間というよりも、メールのやりとりの回数が増えるほど女性へ心を開き、「メールするより実際に会ってみよう」という気持ちになりやすいのです。

女性の場合は慎重派が多い

女性の場合、男性よりも警戒心が強いので、1か月以上かかることもあります。
やりとりする中で、誠実さや相手の人柄の良さなどをチェックするようですから、男性から「会いたい」と誘う場合には十分にタイミングを見極める必要があるでしょう。

残念エピソードからの学び方

婚活アプリで出会い、会うことに繋がっても、残念ながらダメだったということがあります。
ここでが、実際に利用した方の残念エピソードから学べることをご紹介します。

写真と実物が違った

婚活アプリは、画像のみでしか相手の顔がわかりません。
画像が加工されすぎている場合は、会ってから「全然違う人」と感じることもあるようです。
「全然違うからさようなら」では大人気ないですし、話してみると印象が変わることもありますから、大人の対応をして初デートを乗り切りましょう。
実際に会って相手から「画像とは違う人ですね」と言われてしまったという残念エピソードもありますので、あまり画像の加工をしないこともおすすめします。

お金がかかるデートを選択してしまった

初めて会う時には、気合を入れて高級レストランで食事を楽しみたいという方もいるかもしれませんが、盛り上がるかどうかは会ってみるまではわかりません。
実際に会ってみたら会話が弾ます、コース料理の終わりを指折り数えて待っていたという残念エピソードがありますので、初回は軽めにしましょう。
カフェでのコーヒーやランチであれば、お金も時間もそれほどかかりません。

せっかく会えたのに何も話せなかった

実際に会ってみると緊張してしまって無言になり、残念な結果になったという方もいます。
話したいことや聞きたいことは整理しておくことをおすすめします。
また、これまでに交換したメッセージを復習しておくことで、会話に困った時「そういえばこの前、」というように話のきっかけになるでしょう。

まとめ 恋愛や結婚相手が見つかる婚活アプリを上手に活用しよう!

婚活中は、気になる相手から連絡が遅いと、何度もスマホやパソコンを見てしまい、「連絡はもう来ない」とマイナスに考えてしまうかもしれませんが、何か理由があるかもしれませんし、相手は特に何も考えていないかもしれません。
婚活中は視野を広げることも大切ですから、本命ができるまでは一人に集中し過ぎないことで気持ちを軽くすることもできます
「連絡はいつか来る」とできるだけ前向きに考えることで、気持ちも明るくなるでしょう。
婚活中だからこそ普段も気にならないことが気になるのかもしれませんが、連絡が遅くても必ず来る場合は諦める段階ではありません。
次に連絡が来たら話したいことや聞いてみたいことなどをシミュレーションしてみることもおすすめです。
メールの場合は気持ちを整理しながら打ち込めますが、電話の場合は緊張で頭が回転しないかもしれませんので、ノートやメモ帳などに書いておくとお守り代わりになるはずです。
婚活中は些細なことでも敏感になってしまうものです。
連絡が遅いことは、お付き合いが始まってからも起きる可能性がありますから、気持ちが落ち込まないように普段から自分で自分の心を守りましょう。

(Visited 2 times, 1 visits today)

投稿者プロフィール

スズ
スズ
執筆業をしています。
恋愛ゲームのシナリオや恋愛小説、恋愛コラムなど恋愛関連の執筆の他、美容や健康など様々な種類の執筆を行っています。
執筆内容が少しでも皆様のお力になれば嬉しいです。
恋愛や結婚についての役立つ情報をアップしていきます!

関連記事

  1. 恋活や婚活パーティー後に付き合う確率や付き合うまでの期間とは

  2. 女性からでも男性からでもOK!連絡先交換後からできるアピール方法

  3. 婚活とはどんなこと?婚活の仕方や特徴や卒業するコツ

  4. 婚活中には断ることもある!避けて通れない断り方をご紹介

  5. 変な女に気を付けよう!婚活中に避けたほうが良い女性とは?

  6. 写真で出会いを増やそう!婚活サイトでモテる写真をご紹介!