婚活中はメンタルケアも大事!婚活うつにならない方法や対処法

婚活してすぐ結婚できる人もいれば、なかなか結婚できない人もいます。
結婚ができなくても、婚活自体が上手くいっていればそれほどストレスになることはないようです。
問題は、婚活で出会った異性から断られてしまうことが続く時です。
有料の婚活サービスを使っている場合は、金銭面での負担も大きくなっていきますから、精神的なダメージが原因で婚活うつになってしまうことがあるのです。
うつは、やる気の喪失や気分の低下などを招くので、婚活が上手くいかないだけなのに、自分が無価値に思える、人間不信など普段の生活にも悪影響を及ぼします。
今回は、婚活中になる可能性が誰にでもある婚活うつについてご紹介します。
婚活うつになりやすい男女のタイプや対処法などについて詳しくご紹介しますので、是非参考にしてください。

婚活うつって一体何?

人生のパートナーを見つけるため、明るい家庭を築くためなど、様々な理由から婚活をするわけですが、婚活中は楽しいことばかりではありません。
人によっては、何年も婚活をすることになるかもしれませんから、婚活疲れを招くことがあるのです。
実際、婚活中にストレスを抱えて婚活うつになることもあります。
ここでは、婚活うつについてご紹介します。

婚活うつの正式名称は?

婚活うつには、正式名称があります。
婚活疲労症候群です。
その名の通り、婚活が原因でうつになってしまうのです。
婚活の場だけではなく、普段の生活でも絶望的になる、不安になる、憂鬱になるなどの症状が出てしまうので、婚活が原因であるとはわからないケースもあるようです。

婚活うつは男女共になる!

うつ病は、女性の割合が多いのですが、婚活うつの場合は女性に限らず、男性もなる可能性があります。現在では、婚活うつに悩む方が増えているので、専門病院も増えつつあるようです。

婚活うつになりやすい人とは?

婚活は、男女共になり得る可能性があるのですが、なりやすい人となりにくい人がいるようです。
ここでは、婚活うつになりやすいタイプの人についてご紹介します。

ストレスに慣れていない人

婚活うつは、ストレスに慣れていない人やストレスに弱い人がなりやすいようです。
婚活中は、周囲の人たちから「いい人、見つからないの?」、「結婚はしないの?」など、言われることもあります。
周囲の人たちからのプレッシャーで婚活を始める人も多いので、実際に婚活して上手くいかないことでますますプレッシャーを感じてしまい、ストレスから婚活うつになってしまうのです。

完璧主義の人

仕事でもプライベートでも完璧に物事をこなしたいタイプの人は、達成することが大事なので、婚活のゴールまで頑張り過ぎてしまうようです。
婚活のゴールは結婚ですから、そこへ向けて頑張るわけですが、ゴールがなかなか見えないと自分が悪いと思い込んで、知らず知らずのうちに精神にダメージを与えていき、婚活うつになってしまうのです。

プライドが高い人

婚活するということは、結婚できないということです。
そのことを認めて出会いを求めるわけですが、プライドが高いタイプの人はその状況を認めることができません。
婚活することを恥と感じているので、家族や友達にも相談することなく、孤独になっていきます
相談できる家族や友達がいれば、婚活が上手くいかなくても相談し、気持ちを発散することができますが、いない場合は一人で何とかするしかありません。
婚活が長引くほどプライドもますます傷つきますし、孤独になっていくので、婚活うつになりやすくなるのです。

前向きに考えることができない人

マイナス思考で、物事を前向きに考えることができないタイプの人も婚活うつになりやすいようです。
実際には悪い状況ではなくても、受け取り方によっては最悪の状況だと思い込んでしまって「自分なんて結婚できない」とマイナスに考えてしまうのです。
マイナス思考の人は、考え癖がついているので、良い状況になってもマイナスに捉えてしまって婚活うつを招くのです。

婚活うつにならないために精神面を強化する方法

男女共になる可能性がある婚活うつは、精神面を強化することで防ぐこともできます。
ここでは、婚活うつにならないためにおすすめの精神面を強化する方法をご紹介します。

姿勢を正して堂々と振舞う

婚活が上手くいかないと下を向く、姿勢が悪くなるなど、見た目にも変化が出やすくなります。
しかし、このような姿勢では、婚活の際に弱弱しく見えてしまいますし、精神面も弱くなってしまいます。
婚活が上手くいかなくてもあなた自身が否定されているわけではないので、堂々と振舞いましょう。
姿勢を正せば、声も大きくなりますし、精神面にも悪影響が出にくくなります。
背筋を伸ばせば気持ちも前向きになれますので、猫背や悪い姿勢をせず、自信を持って婚活の日々を過ごしましょう。

睡眠時間を確保する

寝不足が精神面に悪影響を及ぼして、弱くすることもあります。
婚活中は、いろいろなことを考えてしまって、夜更かしする、アルコールを飲むなど、普段とは違う生活をしてしまうかもしれませんね。
しかし、寝不足や飲みすぎなどで睡眠サイクルが乱れると、神が弱くなることがあります。
注意散漫や怒りっぽいなど情緒不安定にならないように、睡眠時間はしっかり確保しましょう。また、婚活中は寝不足によって目の下にクマが出る、吹き出物が増えるなど見た目にも影響が出てしまいます。
肌質の低下によって気分がますます落ち込むことにもなりかねませんから、睡眠はしっかりとりましょう。

婚活について考えない時間を作る

婚活中は、婚活で出会った人や次のイベントのこと、着ていく服など、婚活のことばかり考えてしまうことでしょう。
予め準備しておくことで精神が安定することもありますが、考えすぎると婚活うつを招きます。
四六時中婚活のことを考えたほうが上手くいくというわけでもありませんから、たまには、何も考えない時間を作りましょう。
自分が落ち着く場所や人と過ごす時間を作っても良いですし、読書やDVD鑑賞なども良いでしょう。
気持ちに余裕ができれば、精神面も安定しますし、焦る気持ちも軽減するはずです。

運動して適度にストレスを与える

精神面を強くするために、スポーツをすることもおすすめです。
体を動かすことで気分転換にもなりますし、ウォーキングでもジョギングでも疲れるというストレスによって、婚活のストレスが軽減することもあるからです。
毎日運動することで、スタイルも変化していきますから、自分に自信が持てるようになりますし、達成感も味わうことができるはずです。
婚活が上手くいかないと達成感を味わえませんから、運動することで解消しましょう。

周りの人と比べない

婚活うつにならないために、人と比べないということも大切です。
友達と婚活した場合、友達だけがゴールインするとどうしても落ち込んでしまうでしょうが、周りと自分のことは切り離して考えましょう。
婚活せずに恋愛結婚した友達、婚活してすぐ結婚した友達、どの友達も自分とは違う人間です。
友達だけではなく、自分と同じ年齢の人たちの結婚率などを見て、自分と比べることで良いことはありませんから、「人は人。自分は自分」と切り離して気にしないことも大切です。

前向きに考える

婚活中は、上手くいかないとマイナス思考に陥ることもあるでしょう。
そんな時にはマイナス思考ではなく、プラス思考になりましょう。
悪いほうへ考えてしまうと、どんどん深みにはまって婚活を続けることが難しくなります。
すぐに前向きに考えることは難しいでしょうが、「また一つ経験になった」、「運命の人に近づいている」など良いほうへ思考を持っていきましょう。
婚活で上手くいかない経験も無駄にはならないはずです。
ただ「ダメだった」と終わらせるのではなく、「今度はどうしたら良いかな?」と経験を生かしてみましょう。
経験を重ねるうちに精神面も強くなっていきますから、「今回の婚活はダメだったけど、また一つ強くなれた」というように考えてみてはいかがでしょうか。

婚活うつにならないための食事法

婚活うつにならないためには、食事をきちんと摂ることも大切です。
仕事しながら婚活をする方は忙しさからついつい楽な食事をしてしまうようですが、うつにならないためには栄養面もしっかり整えることがポイントです。
ここでは、婚活うつにならないための食事の仕方についてご紹介します。

タンパク質をしっかり摂る

タンパク質が不足すると、体力低下や思考力低下、うつ病になりやすいなど、心も体も悪影響を受けると言われています。
タンパク質は、人間の体の中で水分の次に多い成分で、臓器や筋肉、脳などを作っており、精神面も安定させます
ですから、婚活うつにならないよう、日頃からタンパク質を摂取することが大切です。
肉類に多く含まれていますが、食事からの摂取では足りない時にはプロテインを飲みましょう。
水や牛乳、ヨーグルトなどに溶かして飲むことができる粉末のプロテインは、料理することなく、飲むだけなので手軽です。
最近では、ココアやチョコレート、ベリー、バナナなど様々な味があり、癖もなく大変飲みやすくなっていますから、婚活中の体型維持や精神安定として飲んでみてはいかがでしょうか。

バランス良く食べる

婚活うつにならないためには、タンパク質だけを摂れば良いというわけではありません。
肉や魚、野菜、乳製品など、バランスよく食べて栄養が偏らないようにしましょう。
外食ではなく、できるだけ自炊することで栄養バランスを整えやすくなりますし、節約にもなります。
バランスよく食べることができれば、免疫機能もアップしますから、婚活中に風邪や体調不良などにもなりにくくなるはずです。
好き嫌いがある場合には、先程ご紹介したようにプロテインやサプリメントなどを摂取して、心と体を安定させましょう。

水分を摂る

水分が不足すると、幸せホルモンのセロトニンが分泌されにくくなります。セロトニンは心を安定させる効果があるので、不足すると婚活うつになりやすいのです。
水分不足だけが原因とは言えませんが、脳細胞のほとんどは水分ですから、十分に補給しないと情緒不安定になる可能性があるのです。
一般的には、1500ml程度が水分として必要量です。
カフェインやアルコールなどは利尿作用がありますから、水分は飲料水から摂取することをおすすめします。

注意していても婚活うつになった時はどうするの?

婚活うつにならない方法をご紹介しましたが、何かのきっかけで気持ちが落ち込んでしまい、そのまま婚活うつになってしまうことがあるかもしれません。
ここでは、婚活うつになってしまった時の対処法を2個ご紹介します。

1 思い切って婚活を辞める

婚活うつは、婚活をするからなってしまいます。
ですから、婚活うつになった時には、思い切って婚活を辞めることをおすすめします。
婚活は一度辞めてもまたいつでもすることができます。
気持ちを安定させるために、しばらく結婚や恋愛などから離れてみましょう。
婚活から離れて日常を送るうちに気持ちが回復してくることもあるでしょうし、良い気分転換になって「また婚活しよう!」という前向きな気持ちにもなれるかもしれません。

2 病院を受診して治療に専念する

婚活うつになった時、軽度であれば休養することで気持ちが回復するでしょうが、症状が重い場合は医療機関を受診しましょう
眠れない、食事が摂れないなどが続くと心身共に疲れてしまって、日常生活にも支障が出る可能性があります。
最近は、婚活特有の症状を診てくれる婚活疲労外来がありますので、お住まいの近くで探してみてください。
婚活うつの専門外来で、2週に1回から1ヵ月に1回位のペースで通院できます。
婚活うつが長引く時や気持ちの落ち込みが辛い時には、思い切って受診してみてはいかがでしょうか。

まとめ 婚活うつから自分を守って婚活を楽しもう!

ご紹介したように、婚活うつはなりやすい人がいますが、予防や対処することはできます。
婚活うつにならないことが一番良いですが、うつになってしまった場合は、無理せずに心と体の安定に努めましょう。
婚活は、自分が幸せになるためにすることですから、自分で自分を追い込まないことがポイントです。
心も体も無理しないように、そして自分の体を気遣いながら、婚活を前向きな気持ちで楽しみましょう。

(Visited 1 times, 1 visits today)

投稿者プロフィール

スズ
スズ
執筆業をしています。
恋愛ゲームのシナリオや恋愛小説、恋愛コラムなど恋愛関連の執筆の他、美容や健康など様々な種類の執筆を行っています。
執筆内容が少しでも皆様のお力になれば嬉しいです。
恋愛や結婚についての役立つ情報をアップしていきます!

関連記事

  1. 男性と女性の仲は連絡先交換から発展!連絡先の聞き方やタイミング

  2. 恋活と婚活、どっちがいい?それぞれの違いや成功させるための方法

  3. 婚活ではバツイチを隠すことがNG?隠さなくても成功する理由とは

  4. 未読スルーされたらブロックなの?スルーされる理由や対処法など

  5. 綺麗な人の条件は髪型?服装?綺麗な人の特徴や婚活での活かし方

  6. 異性との会話で使える話題の作り方や振り方、膨らませ方