話しかけづらい雰囲気をなくして話しやすい人になる方法

普段から、「人から話しかけてもらうことがないなぁ」と感じている方はいませんか。
もしかしたら、話しかけづらい雰囲気を出しているのかもしれません。
婚活パーティーやイベントなどの場では、話しかけづらい雰囲気を出すことで、きっかけがつかめず、いつまで経ってもカップルになることができません。
日常でも、話しかけづらい雰囲気を出すことで、人付き合いが難しくなるでしょう。
今回は、話しかけづらい雰囲気が招くデメリットや話しやすい人になる方法などについてご紹介します。

話しかけづらい人になると損すること

話しかけづらい雰囲気を出していると、日常の中でデメリットがあります。
ここでは、話しかけづらい人になると損することをご紹介します。

良くないイメージをもたれる

話しかけづらい人に対しては、人は良くないイメージを持つようです。
実際には、悪い人ではなくても、雰囲気から感じ悪いと思われてしまい、初対面の人には良くない印象をもたれてしまうのです
良くない印象をもたれてしまうと、恋愛面では不利になりやすいと言えます。
話しかけづらい人は、会話することが少ないために反論するチャンスもないので、結果としてイメージアップは難しいでしょう。

孤立する

話しかけづらい人は、周囲と仲良くできないので、孤立しやすいというデメリットもあります。
話しかけづらい雰囲気が友達や恋人を遠ざけるので、いつまで経っても一人なのです
孤独を感じれば感じるほど、気持ちも暗くなって、辛い毎日を過ごすことになるかもしれません。

仕事が円滑に進まない

話しかけづらい人に対しては、近寄りづらいので、会社の中で浮いてしまうことがあります。
例えば、飲み会があっても、「誘っても来ないだろう」、「話しづらいから誘わないほうがいい」などと勘違いされて、周囲から避けられてしまうのです
仕事をする上では、意思の疎通を図ることが大切ですが、周囲から避けられる存在になってしまうと必要なことを聞き逃し、仕事が円滑に進まず、昇進や昇給を逃すことにもなりかねないのです。

こんな態度はNG!話しかけづらい雰囲気とは

話しかけづらい人には、独特の雰囲気があります。
街中で知らない人から声をかけてもらえることが多いというタイプは、周囲に対して心を開いていて、明るい印象があるものですが、話しかけづらい人は真逆の雰囲気を持っているのです。
ここでは、話しかけづらい人が出している雰囲気についてご紹介しましょう

愚痴や文句ばかりである

話しかけづらい人の中には、暗いということがあります。
普段から愚痴や文句ばかりで、せっかく会話しても気持ちが沈むだけということが多い場合は、話しかけたくなくなるでしょう
ネガティブな感情に付き合うことを好む人は少ないでしょうから、「また嫌な気持ちになりたくない」と拒絶され、話しかけてもらうことがなくなるのです。

無表情や怒り顔である

話しかけづらい人の特徴として、無表情や怒り顔ということがあります。
表情から、「機嫌が悪いのかな」、「話したくないのかな」と思わせてしまい、周囲から話しかけてもらう機会が減るのです
顔だけではなく、低いテンションや威圧的な態度も話しかけづらい雰囲気になります。

挨拶しない

話しかけづらい雰囲気として、挨拶しない人も挙げることができます。
挨拶することは当たり前のことですが、その当たり前のことをしない人に対しては、非常識という印象を抱くものです
自分から挨拶しない人や、人から挨拶されてもしない人に対しては、「挨拶に返事をしないのだから、話しかけてもきっと無視される」と思うでしょうし、マナーを知らない人とは会話をしたくなくなるのです。

スマホやタブレットをいじっている

スマホやタブレットでゲームしている人は、話しかけづらい雰囲気を出しているように見えます。
会話することに抵抗がなくても、周囲は「邪魔されたくないかな」と思い、話しかけることができなくなるのです
また、イヤホンで音楽を聴いている人に対しても、「話したくないのかな」と思ってしまうので、話しかけづらい雰囲気と言えるでしょう。

美人や美男子である

話しかけづらい雰囲気として、美人や美男子ということもあります。
高嶺の花のように感じてしまい、話しかけることができないのです。
美人や美男子であるだけでも話しかけづらいのに、不機嫌な顔やプライドが高そうな態度によって、ますます近寄りがたい人になってしまうでしょう

話しやすい人ってどんな人?

話しやすい人は、婚活パーティーやイベント、合コンなどでも馴染んで、楽しむことができるでしょう。
しかし、話しかけづらい雰囲気がある人の場合は、なかなか周囲と溶け込めず、孤立してしまうものです。
恋愛や結婚を考えている方の場合は、話しかけやすい人になる必要があります。
ここでは、話しやすい人がどんな人なのかについてご紹介します。

社交的である

話しやすい人は、社交的です。
年齢性別問わず、誰とでも仲良くできるので、壁を感じさせないのです。
社交的ですから、一緒にいて相手を不快にさせませんし、楽しい時間を過ごすことができるので、「また話しかけよう」と思わせるような存在です
また、社交的な性格なので、人から話しかけてもらうことを待たず、自分から声をかけるという積極的な行動をとることもできるので、孤立することもないのです。

とにかく愛想がいい

話しやすい人は、とにかく愛想がいいということもあります。
愛想がいい人は、笑顔でいることが多く、相手に不安感や緊張感を与えないのです。
一緒にいてドキドキする相手では、会話することもままなりませんよね。
愛想がいい人であれば、話しかけやすいので、自分から話しかけなくても、話しかけてもらえることが多いようです

顔を上げているのでよく目が合う

話しやすい人は、顔を上げているということもあります。
俯きながらスマホをいじっている、目を合わさないというような人では、話しかけづらいですよね。
一方、話しやすい人は、顔を上げているので、視線も合いやすく、話しかけやすいのです
会話のきっかけとして、目が合うということがありますが、目が一切合わない相手の場合は、「話したくないのかな?」と思わせてしまいますから、声をかけられることが少ないのです。目が合っても逸らさず、にっこり微笑むような人は、話しやすい印象を与えますので、下を向いている人よりも話しかけてもらえるのです。

話しかけづらい雰囲気をなくす方法

話しかけづらい雰囲気がある人と話したいと思う人は、なかなかいないものです。
話しかけてもらうことが少ないのであれば、恋愛でも婚活でも、仕事でもデメリットばかりですから、自分を変えてみることをおすすめします。
ここでは、話しかけづらい雰囲気をなくす方法をご紹介します。

大きな声で明るく気さくに話す

まずは、人と話す時は、大きな声で感じよく、気さくに話すことをおすすめします。
会話する時、声が小さすぎると「話したくないのかな?」と思われますし、なにより暗い人という印象を与えてしまうからです。
真顔で話を聞くのではなく、表情やアクションなど話を聞いているサインを見せて、「この人と会話すると楽しい!」という印象を残しましょう
また、人の話を聞くより、話すほうが楽しいと感じる方が多いようですが、相手の話を聞くということが大切です。
人は、話を聞いた時より、自分の話を聞いてもらえた時のほうが、「楽しい」と感じるものです。
たくさん話すことでストレス発散にもなりますから、また話したいと思ってもらえるように、自分の話をするのではなく、相手の話を聞いてあげるという姿勢も大切です。

積極的に行動する

自分から話しかける

話しかけづらい雰囲気をなくすためには、自分から話しかけることもおすすめです。
「誰からも話しかけてもらえない」とずっと待っていても、状況は変わりません。
婚活イベントやパーティーなどでは、初対面の人が多いので、緊張するかもしれませんが、そこ場にいる多くの人は同じ気持ちです。
積極的に話しかけることで明るい印象を与えますから、プロフィールや持ち物など何か共通点を見つけて、話しかけてみましょう
誰かが、色々な人と会話を楽しむあなたを見て、話しかけやすそうな人という印象を持ち、話しかけてくれるかもしれませんよ。

前向きな言葉を使う

話しかけづらい雰囲気をなくすためには、前向きな言葉を使うことも大切です。
話しかけてもらえないことが多い場合、「どうせ自分なんて」とネガティブ思考になるかもしれませんが、明るい気持ちで過ごしていないと、暗いイメージが伝わってしまいます。
前向きな言葉を使う習慣をつけておけば、次第に気持ちも明るくなりますし、些細なことでも幸せを感じることができるようになるはずです
単なる言葉と思わずに、自分を変えるほどの力を持つと信じて、ポジティブ思考を取り入れましょう。

普段から笑顔で過ごす

話しかけづらい雰囲気をなくすために、普段から笑顔で過ごすこともおすすめです。
笑顔の人と真顔の人がいた場合、笑顔の人に話しかけたいと思うのではないでしょうか。
笑顔でいる人のほうが明るく、話しかけやすい雰囲気がありますよね。
笑顔は、その人を魅力的に見せますし、周囲に明るい印象も与えます
誰かに話しかけてもらってから笑顔を作るのではなく、普段から口角を上げて過ごし、誰とでも笑顔で話すことで、初対面の人や異性からも話しやすい人と思ってもらえるでしょう。

話しかけづらい雰囲気があるかどうかチェックしよう!

話しやすい人か、話しかけづらい人か、自分ではわからないという方もいることでしょう。
ここでは、話しかけづらい雰囲気を出しているかどうかのチェック項目を5個ご紹介します。
当てはまっている場合は、少しずつでも良いので、恋愛や仕事、人間関係のためにも直すことをおすすめします。

1 人から悩みや不安を相談してもらえますか?

悩み事を相談してもらえない場合は、話しかけづらい雰囲気があると言えます。
そもそも話しかけづらい雰囲気の人に対しては、相談をしませんよね
相談してもらえるのは、話しやすい人で問題を一緒に考えてくれる人だからです。
相談されることがないという方は、話しかけてもらいやすい雰囲気を出すことです。
話しやすい雰囲気が伝わって、話す頻度が増えれば、自然に相手も心を開いて、相談し合う間柄になることができるでしょう。

2 人と会話する時、目を見て笑顔で話していますか

人と話す時に、目を見て笑顔で話せない人は、話しかけづらい雰囲気があると言えます。
真顔で会話すれば、相手は楽しむことができませんし、緊張してしまい、威圧的な印象も持つでしょう
人と会話する時は、笑顔を心がけて、目を合わせて、会話に対してアクションをとり、その時間を楽しむことを心がけましょう。

3 人との会話を楽しめますか?

人との会話を楽しめない人は、話すことを好んでいないので、相手にもそれが伝わり、楽しい時間を過ごすことができません。
会話は、自分一人ではなく、相手と一緒に展開していくものです。
まずは自分が会話を楽しもうという気持ちで、相手の話に興味を持ってしっかり耳を傾けましょう
話すことが楽しいと思えるようになれば、自然に会話を求めるようになりますから、頭ごなしに嫌がらず、会話を弾ませる努力をしてみましょう。

4 無表情ではなく、笑顔で相槌を打っていますか?

会話の際に、相槌も打たず、無言で話を聞くタイプは、話しかけづらい雰囲気があると言えます。
話しかけてもらうことが多い人は、会話中に笑顔で相槌を打つことができます
無表情で笑顔も苦手という方は、会話中の自分の表情や言動に気をつけましょう。
また、相手の話に興味がない人の中には、自分のことを話すことが好きというタイプもいます。
聞き上手の人のほうが話しかけやすいと思ってもらえるので、自分の話ばかりせず、相手にも興味を持つことが大切です。

5 電話やメール、ラインなど連絡をもらいますか?

電話やメール、ラインなど連絡をもらうことが少ない場合は、周囲から話しかけづらい人と思われている可能性があります。
話しかけづらい雰囲気がある人とは親しい関係を築くことが難しいので、連絡先を交換してもなかなか連絡を取り合う関係にはなれないからです
話しかけづらい雰囲気をなくせば、連絡も自然に増えるでしょうから、会う時には笑顔で接する、話をよく聞くなどして、話しやすい人になる努力をしましょう。

まとめ 話しかけづらい雰囲気は変えることができる!

ご紹介したように、話しかけづらい雰囲気がある場合は、努力次第で変えていくことができます。
自分を変えることは難しいことかもしれませんが、変わることによるメリットはたくさんあります。
スムーズな人間関係によって、生きやすくなることもありますから、恋愛や婚活のためだけではなく、今後の人生のためにも、話しかけづらい雰囲気をなくして、話しやすい人になってみませんか

(Visited 1 times, 1 visits today)

投稿者プロフィール

スズ
スズ
執筆業をしています。
恋愛ゲームのシナリオや恋愛小説、恋愛コラムなど恋愛関連の執筆の他、美容や健康など様々な種類の執筆を行っています。
執筆内容が少しでも皆様のお力になれば嬉しいです。
恋愛や結婚についての役立つ情報をアップしていきます!

関連記事

  1. 彼氏と結婚したいけれどプロポーズしてくれない時のプロポーズ作戦とは

  2. 婚活しても普通の人がいない?いない理由と見つける方法

  3. ファッションや性格次第でモテる!背が低い男性が恋活や婚活で成功する方法

  4. 低年収だから結婚できないと諦めた人でも結婚はできる!?

  5. 写真で出会いを増やそう!婚活サイトでモテる写真をご紹介!

  6. 失恋のショックはいつか忘れる!婚活中の失恋の乗り越え方