話のネタさえ準備しておけば異性との会話は大丈夫!ネタ一覧集

同性や異性の友達との会話では、話が尽きるということはあまりないでしょうが、好きな人や気になる人、初対面の異性とであればどうでしょうか。
異性との空間、会話に慣れている方であれば、会話は盛り上がるでしょうが、そうではない場合には、沈黙になってしまう可能性がありますよね。
例えば、その場が合コンや婚活などであれば、コミュニケーションを上手くとれないと、関係性を発展させることが難しくなります。
今回は、婚活や恋愛の場で使える話のネタ一覧集をご紹介します。

話のネタでおすすめはどんなこと?

異性との会話では緊張してしまうという方は、ぶっつけ本番で挑むのではなく、会話の準備をしておくことをおすすめします。
話のネタがあるというだけでも安心材料になりますから、異性と二人きりで話す時にパニックにならずに済むはずです。
ここでは、おすすめの話のネタをご紹介します。

相手が好きなことをネタにしよう

話のネタとして、自分ではなく、相手の好きなことや好きなものをチョイスすることをおすすめします。
好きなことを話す時は、誰にとっても楽しい時間になりますから、自然にテンションも上がることでしょう

食べ物のことをネタにしよう

話のネタとして、食べ物もおすすめです。
多くの人は、好きな食べ物が何かありますし、答えやすい質問ですから、会話のきっかけになるはずです

休みの日の過ごし方をネタにしよう

話のネタとして、休みの日の過ごし方もおすすめです。
休みの日に何もせず寝ているだけという人もいるかもしれませんが、一般的には休みの日に趣味や勉強、買い物など、何かしているでしょうから、オフの時間にはどんなことをして過ごしているかについて聞いてみましょう

婚活ではプロフィールを話のネタにしよう

婚活では、プロフィールを使って会話に繋げる方法もあります。
相手のプロフィールの中から、話のネタになりそうなことを探してみましょう。
まずは、自分と似ている部分や共通点を探すことをおすすめします。
プロフィールの中をしっかり確認して、共通点を探すのです。
共通点があることで、ぐっと距離が縮まる可能性があります。
ここでは、プロフィールから話のネタを探す方法をご紹介します。

趣味をチェック

例えば、趣味の欄に「ドライブ」とあり、あなたもドライブが好きという場合には、こんな風に話しかけてみましょう。
「私もドライブが趣味なんです。先日は、紅葉を見るために、山へ行ってきました。○○さんは、最近どこへ行きましたか?」
ここでのポイントは、場所について聞くことです。
男性の場合は、ドライブから乗っている車種や好きな車などの話題へ行きがちですが、女性の場合は車よりドライブへ行くことを楽しむ傾向にあります。
車に関する深い知識を披露してもらっても、あまり楽しめませんから、ドライブの行き先やドライブの楽しさについて話したほうが盛り上がるでしょう

出身地をチェック

出身地が同じ場合は、同郷ということから一気に親しくなれることもありますから、話のネタとしておすすめです。
同じ県ではなくても、東北や関西などの地方が同じだけでも共通のネタとして使えます。
「○○県ご出身なんですね。私もなんです。○○(店名)や○○(学校)、○○(有名人)はご存知ですか?」と、ご当地ネタを振ってみましょう。
基本的には婚活では、様々な県から集まっているので、懐かしい話やふるさとの話をすることで気持ちがリラックスするはずです。
他の異性より親しみを感じることができ、心を開きやすくなるでしょうから、話のネタとしておすすめなのです

これはダメ!NGの話のネタ、一覧表

話のネタは、何でも良いというわけではありません。
中には、NGネタもあります。
ここでは、NGになる話のネタを一覧にしてご紹介します。

自分だけが盛り上がるネタ

まずは、自分だけが盛り上がるネタはNGです。
自分だけが知っているようなネタや相手の興味を引けないネタは、二人で盛り上がることができないからです。
自分だけが楽しい時間を過ごしても、相手の記憶には一切残らないでしょう
話のネタは、自分よがりになることではなく、必ず相手も楽しめるようなネタを選ぶことが大切です。

自慢ばかりのネタ

NGになる話のネタとして、自慢話もあります。
自慢話は、している側は気分が良いでしょうが、聞いている側は一切楽しめません。
どれだけすごい話でも、聞く側にとってはつまらない時間になるでしょう。
また、自慢話をすることで、以下のような印象を与える可能性もあります。

・空気が読めない人
・自分が大好きな人
・かまってほしい人

相手から尊敬や共感してもらえた時には、「認めてもらえた!」という気持ちになって嬉しくなるでしょうが、実際には、うんざりされていることが多いので、やめたほう良いでしょう

相手の年収や職種のネタ

話のネタとして、相手の念腫や職種を聞くこともNGです。
婚活パーティーやイベントでは、予めプロフィール欄に書いていることもありますが、詳しく聞こうとすると「お金目当ての人?」と思われてしまう可能性があるからです
「何時から何時くらいまでのお仕事ですか?」と簡単に聞く程度であれば、相手も警戒しないでしょうから、あまり深く聞かないように気を付けましょう。

恋愛や婚活に対する不満のネタ

話のネタとして、恋愛や婚活に関することで盛り上がることもありますが、内容によってはNGネタになります。
例えば、マイナス思考の恋愛や婚活で出会った異性への不満などです。
悪口や不満など、その場の空気が悪くなるようなネタは、決して盛り上がりませんし、マイナスのイメージを持たれてしまう可能性もあるからです
明るく楽しい出会いの場で、負のオーラを放っても魅力的な存在にはなれませんし、良いイメージは残せませんので、自分も相手も不快になるようなネタは避けましょう。

離婚や死別など別れのネタ

離婚や死別など別れのネタも話のネタとしてNGです。
昔と違って、今は離婚することが珍しくない世の中になりましたから、出会う異性の中には、バツイチという方もいます。
離婚の原因までは書いていなくても、離婚歴についての記載がある場合には、別れの原因や理由など気になることがあるかもしれませんね。
しかし、婚活の場では重い話はNGです。
話す側も暗い気持ちになりますし、聞く側も辛い話を聞くことで、悲しい気持ちになるかもしれません
明るく、前向きで楽しい離婚話はなかなかありませんし、親しくなる前には他人に話したいと思う人は少ないはずです。
ですから、離婚についての話は、相手が話さない場合、追及することはやめましょう。
また、死別に関しても、心の傷が癒えていない場合には、相手を不快な気持ちにさせてしまいますから、こちらも相手が話さない限りは、質問しないことをおすすめします

実践で使える話のネタを一覧でご紹介します!

会話を弾ませるためには、ポイントが2つあります。

・相手に警戒されないように、自分のことを話してから相手に質問する
・「はい」か「いいえ」の返事で終わらない質問をする

ここでは、具体的な話のネタ一覧をご紹介します。

「好きな食べ物のジャンルは何ですか?」

好きな食べ物は、誰にでも一つくらいはあるでしょう。
「好きな食べ物はありますか?」と聞いてしまうと、「はい」で会話が終わってしまうので、ジャンルを聞くことがポイントです。
和洋中、色々ありますし、そこから好きな食べ物や料理名、お店の名前まで話を広げていくことができるはずです
甘い物好きであれば、スイーツ系の話でも盛り上がることでしょう。

「自炊はしますか?どんなものを作りますか?」

話のネタとして自炊もおすすめです。
料理をするかどうかで、家庭的なタイプかどうかがわかりますし、一人暮らしか、実家暮らしかもわかります。
作る料理によって、料理歴もわかるでしょうし、お互いに自炊する場合には、得意な料理レシピを教え合うこともできるでしょう
自炊をしない男性の場合は、得意料理を話す女性から家庭的な雰囲気を感じて、「結婚したらどんな物を食べることができるのかなぁ」と想像を膨らませることができるはずです。

「どんな動物が好きですか?飼ったことはありますか?」

動物を飼ったことがあるという方は多いので、話のネタとして動物もおすすめです。
犬や猫、鳥などを今まさに飼っているという方であれば、動物の写真や名前、コツなどを聞いてみましょう。
ご自身も同じ動物を飼ったことがある、又は飼っている場合には、話が盛り上がること間違いなしです
動物の話から、「結婚したら何か飼いたいですか?」と将来の話へ発展させることもできるでしょう。

「ドラマや映画でおすすめはありますか?」

話のネタとして、ドラマや映画もおすすめです。
話題のものから古い作品まで、ドラマや映画は様々ありますし、最近はネットから多数の作品が配信されているので、ハマって観ている作品があるという方は多いのではないでしょうか。
自分が好きなジャンルではなくても話を聞いているうちに観たくなるかもしれませんし、同じ作品にハマっていれば話が盛り上がるはずです。
ドラマや映画の話から、好きな俳優さんや女優さん、声優さんの話などへ発展させることもできますし、「今度一緒に映画を観に行きませんか?」と誘うこともできますから、ドラマや映画の話はおすすめです

「どんなジャンルの音楽を聴きますか?」

話のネタとして音楽もおすすめです。
最近のヒット曲だけではなく、クラシックや洋楽、ブルース、テクノなどの音楽ネタは、話を膨らませることができるでしょう。
好きなアーティストの話になれば、「ライブは好きですか?最近は、誰のライブへ行きましたか?」とライブ話もできますし、歌うことが好きな方の場合は、「カラオケでは何を歌いますか?」と聞くこともできます。
音楽の話をきっかけに、「今度、ライブへ行きませんか?」、「カラオケへ行きませんか?」などと誘ってもらえるかもしれませんし、同じアーティストが好きな場合には、ライブDVDやグッズなどのネタでも盛り上がることができるでしょう

わからなくても興味津々の姿勢が大事!

会話の内容によっては、異性だけが盛り上がり、自分は楽しめないかもしれませんが、ただ相槌を打つだけでは、相手の印象に残りません。
興味津々の姿勢で会話に耳を傾けることが大切ですから、あまり関心がない、わからないなどで困った時の対応方法についてご紹介します。

興味を持てば何でも楽しめる!

話のネタを相手から提供された場合は、わからなくて、楽しめないというケースもあるでしょう。
そんな時には、話のどこかに興味を持つことが大切です。
どんな話でも無駄なことはないはずです。
自分が知らないこと、知らない世界にどうして相手がそこまでハマっているのか、その原因を解明するつもりで耳を傾けましょう

好きになったきっかけを聞いてみよう

わからない話のネタの時には、好きになったきっかけを聞くこともおすすめです。
好きだからこそ熱心にその話をしているわけですから、どうしてそんな風に熱くなるのか、理由を聞いてみるのです。
理由を知ることで、もしかしたらあなたも興味を持つ可能性もあります

「やってみたい!」の一言から急接近もあり得る!

話のネタに興味を示すことができれば、相手のしていること、思っていることなどを共感してみたい気持ちにもなるでしょう。
「一緒にやってみたい」、「一緒に見てみたい」などの気持ちになった時には、思い切って誘ってみましょう。
話のネタがマニアックであるほど、相手も喜んでくれて、そこから急接近することもあり得るのではないでしょうか

まとめ 関係性を発展させたいなら印象に残すネタを!

ご紹介したように、会話を弾ませるためには話のネタの準備が必要です。
合コンや友達の紹介という場では、時間制限もないので、ゆっくり考えながら話すことができますが、婚活イベントやパーティーの場合は違います。
主催者側からトーク時間が決められますから、その時間内で印象に残るような話をしなければなりません。
カップルになるためには、名前とトーク内容を覚えてもらうことが大切なので、自分らしさを前面に出せるようなネタを選びましょう。
間際に慌てて考えるという方法は、なかなか難しいので、予めトーク内容を想定し、ネタを一覧にしておくことをおすすめします。
小さなメモ帳やスマホに内容を入れておけば、いつでも確認できますから、普段から会話のネタをチェックして、本番では準備万端で挑みましょう。

(Visited 1 times, 1 visits today)

投稿者プロフィール

スズ
スズ
執筆業をしています。
恋愛ゲームのシナリオや恋愛小説、恋愛コラムなど恋愛関連の執筆の他、美容や健康など様々な種類の執筆を行っています。
執筆内容が少しでも皆様のお力になれば嬉しいです。
恋愛や結婚についての役立つ情報をアップしていきます!

関連記事

  1. 婚活パーティーでの服装の正解は何?男性NGファッションやヘアスタイルとは

  2. 恋活と婚活、どっちがいい?それぞれの違いや成功させるための方法

  3. 食事やデートのその後にはお礼が重要!次へ繋げて関係性を発展させよう

  4. 美人の婚活は楽ではない?!美人なのにモテない理由や対策とは

  5. 初めての婚活はドキドキが当たり前!緊張せずに楽しく婚活する方法

  6. 婚活中は連絡が来ないと気になる!連絡が遅い理由と改善法