面白い自己紹介の仕方を大公開!趣味や特技などあらゆることを活用しよう

恋活や婚活など、出会いの場では、自己紹介は必須です。
着ていく服やバッグなど、お相手に好印象を与えるためには、身だしなみも大切ですが、同時に自己紹介の準備もしておくことをおすすめします。
お相手に自分がどんな人物なのかを知ってもらうだけではなく、興味を持ってもらうためには、自己紹介が重要な鍵と言えるでしょう。
自己紹介では、自分の名前や年齢を言って終わりという方もいますが、お相手の印象に残すために、面白い自己紹介になるように工夫しましょう。
趣味や特技、性格など、自分のことがしっかり伝わるような内容の自己紹介を考えておけば、お相手の心をがっちり掴むことができるはずです。
今回は、婚活で使える面白い自己紹介の仕方をご紹介します。

婚活での自己紹介の仕方で大事なこと

婚活では、自己紹介を避けることはできません。
婚活アプリでは、アプリ内で自己紹介を書くページがありますし、恋活や婚活のイベントやパーティーでは、プロフィールカードに書くことや人前で自己紹介することなどが一般的です。
恥ずかしいという気持ちもあるかもしれませんが、場数をこなしていけば、いずれは慣れます。
ここでは、プロフィールに書くべきことや面白い自己紹介にするための注意点などについてご紹介します。

プロフィールに書くべき自己紹介の内容とは

まずは、プロフィールに書くべきことをご紹介します。
プロフィールを簡単に言えば、自分の説明書のようなものです
自分がどんな人間なのかを紹介するために、以下のようなことを書きます。

・名前
・年齢
・出身地
・身長
・学歴
・勤務先
・趣味

以上のような項目が一般的で、最後に一言、何かメッセージを書く場合もあります。
職業については、OLや会社員など簡単に書くのではなく、営業職やショップ店員、運送業者など、具体的に書くことをおすすめします。
大まかに書いてあるとイメージが膨らまないので、できるだけわかりやすく書くと良いでしょう。
また、趣味についてもイメージしやすく、お相手に興味を持ってもらえるような内容が理想的です。
異性が好むような趣味を書くことで、「一緒に楽しめそうな相手だな」と思ってもらうことができます
男性の場合は、野球観戦やドライブなどと書かず、料理やお菓子作りなどを書くと、女性からの反応が良くなるでしょう。
女性の場合は、ガーデニングや裁縫などと書かず、筋トレやDIYなどを書くと、男性受けするはずです。
この他に、男性も女性も楽しめる趣味としては、以下です。

・映画鑑賞
・天体観測
・ダーツ
・登山
・ゴルフ
・キャンプ
・読書
・カメラ撮影
・ブログ
・食べ歩き
・釣り
・温泉
・旅行
・YouTube鑑賞

性別に捉われず、一緒に楽しめる趣味を見つけることで、異性との共通点も増えていくでしょう。

婚活では面白い自己紹介が大事!

婚活のような出会いの場で面白い自己紹介が人気の理由は、周りとは違うことをアピールできるからです。
婚活イベントやパーティーでは、たくさんの異性と出会います。
全ての異性の名前と性格などを覚えることは難しいですよね。
しかし、その中で何か目立つ要素があれば、何となくその人のことを覚えていることができるのではないでしょうか
面白い自己紹介の仕方にすることで、自分という存在を異性へ印象付けることができますから、面白いということは婚活で大事なことなのです。
お笑い芸人さんのように大笑いさせる必要はなく、クスっと笑わせることができれば良いので、婚活の際には、是非面白さを意識した自己紹介を行うことをおすすめします。

自己紹介では雰囲気も大事!

自己紹介では、雰囲気も大事です。
カードに自己紹介を書くのであれば、それほど緊張しないでしょうが、人前で自分の口から話す際には緊張してしまうという方もいるかもしれませんね。
緊張することは、悪いことではありません。
それだけ真剣な気持ちで婚活へ参加しているということですし、緊張感が全くない状態で参加してしまうと、慣れている人に見られてしまうこともあるからです。
自己紹介の理想的な雰囲気は、優しさや誠実さなどが伝わることです。
例えば、初対面のお相手にタメ口では、軽い印象や礼儀を知らない印象などを残してしまいますから、以下のことに気をつけて自己紹介の雰囲気を良くしてみましょう。

・年齢を問わずに、敬語で話す
・若者が使っている言葉(流行語など)はやめて、ゆっくり丁寧に話す
・話す時には笑顔を忘れない
・面白さを意識し過ぎず、空気を読む

自己紹介の印象がずっと残ることもあります。
面白い自己紹介にすることで好印象を与えることができますが、度を過ぎるとふざけているように見えますから、加減も大事です。
結婚を真面目に考えていて、お相手探しに本気であるということが伝わるように、良い雰囲気になるよう工夫しましょう

実践編!面白い自己紹介の仕方はコレ!

面白い自己紹介の仕方によって、お相手に好印象を与えることができます。
職場や飲み会などで、自分をアピールすることが上手くて、自己紹介の仕方が面白い方がいるでしょうが、実際にはなかなか真似できないかもしれませんね。
自己紹介をする時には、自分が言いたいことを言うのではなく、その場にいる人たちに合わせることが大切です。
ここでは、実際に使っている人たちもいる、面白い自己紹介の仕方をご紹介します。

面白い自己紹介は、途中から後半で

面白い自己紹介をする際は、最初からではなく、周りの反応を伺い、途中から後半辺りで入れると良いでしょう。
普通に名前や年齢、職業などを紹介し、その後で面白い内容を言ってみましょう。
面白い内容へ入る前に、笑顔で自己紹介することも大切です
あなたの笑顔を見て、その場にいる人たちも自然に笑顔になり、面白い部分に反応してくれるはずです。

血液型を使って自己紹介する

A型、B型、O型、AB型の4タイプの血液型を使って、自己紹介することもおすすめです。
例えば、O型は大雑把と言われていますが、あえて「血液型は、整理整頓が大好きなO型です。大雑把とは真逆ですから、収納のことなら何でも聞いてください」と言ってみましょう。
他の血液型に関しては以下のようにしては、いかがでしょう。

・「神経質なイメージがあるようですが、ラーメン丼の中に店員さんの指が張っていても気にしないA型です」
・「私の血液型は、自己中心的なタイプと思われているようですが、協調性があるB型です」
・「裏表があるとか、宇宙人などと言われる血液型なのですが、私は一貫性があるので、表しかないAB型です」

女性は、血液型の話題を好むことが多いので、男性の方は、自己紹介で血液型について触れることが多いようです

方言で自己紹介する

自己紹介をする時に、あえて出身県の方言を使うこともおすすめです。
最初から方言を使っても良いですが、あまりにもわからない話し方の場合は、飽きられてしまう可能性がありますから、まずは標準語で普通に自己紹介します。
その後で、自分の出身地の話をしながら徐々になまりを見せましょう。
「自分の出身地の話をするとこんな風になまってしまうんですけど、」というように、方言で話すことで、異性を虜にできる可能性があります。
方言の自己紹介を笑う人たちもいるかもしれませんが、「ギャップが素敵!」と好印象を与えることがありますし、「私もなまっているんです!」と話が広がるきっかけにもなるので、是非使ってみてはいかがでしょうか
方言を話す機会はあまりないですが、婚活の場だからこそ、人とは違う一面を見せて、興味を持ってもらうという方もいますから、方言があるのであれば、隠さずに出すことをおすすめします。

似ている系で自己紹介する

自己紹介する時に、自分が似ている芸能人や動物などを話すこともおすすめです
似ていれば良いですが、似ていなくても物真似をすることで「似ている!」と言ってもらえる可能性があります。
声や表情が似ている場合には、それらを使って自己紹介すると印象に残すことができるはずです。
カラオケの場では、物真似しながら歌声を披露しても良いでしょう。
物真似のクオリティが低くても、異性の印象に残すことはできますから、勇気を出して真似るという方は多いようです。

趣味を使って自己紹介する

面白い自己紹介の仕方として趣味を使うこともおすすめです。
趣味別の自己紹介方法をご紹介しますので、是非参考にしてくださいね。

趣味が音楽編

音楽が好きな方は、「○○(アーティースト名)が大好きで、ライブやフェスへよく行きます。聞くだけではなく、歌うことも好きなので、カラオケもよく行きます。良かったら、自己採点100点満点の歌を聞いてください」と、音楽に絡めた自己紹介をしてみましょう。
音楽が嫌いという方はあまりいませんから、男女を問わず、自己紹介で音楽のことを話す方は多いようです。

趣味が料理編

趣味と言えば、料理もありますよね。
男性の場合は、「料理好きで、色々手を広げたら、お菓子作りも大好きになりました。スイーツネタは、この中の誰よりも強いと思っています。一緒に甘い時間を過ごせる相手が見つかったらいいなと思いますが、見つからなくても、僕にはスイーツがありますから、甘い時間は続くと思います」とスイーツネタで、女性に興味を持ってもらう方もいるようです。

趣味がハンドメイド編

ハンドメイドで色々作っている方は、以下のように使っているようです。
「私は、ハンドメイドが大好きで、アクセサリーは自分で作っています。今日しているピアスやブレスレットも自分で作りました。ハンドメイドサイトでも販売中ですし、今日もたくさん持ってきているので、是非購入してくださいね」
出会いを探しに来ていることは当然なのですが、販売のために参加していたという嘘をまぜることで笑いを取ることができるでしょう。
勘違いする人もいるかもしれませんが、自己紹介の最後に、「自分で作ったものですけど、販売目的は嘘ですよ」と言えば、真に受ける人はいないでしょう。

趣味がドライブ編

趣味がドライブの場合は、「ドライブが好きで、日本一周の合間に参加しました。このイベントが終わったら、次の目的地へすぐ向かう予定です」と自己紹介で言う方もいるようです。
ドライブ好きという趣味を紹介しつつ、日本の各地をまわっていることを伝えるわけですが、自己紹介の最後に仕事や勤務先について話すことで、嘘だとわかってもらうことができるはずですから、「実は、ドライブが趣味ですが、日本一周は夢物語でした」と明かすことでより面白い自己紹介になるようです。

趣味が読書編

読書好きの方は、本を絡めて、以下のような自己紹介をすることもあるようです。
「読書が好きなので1日1冊読むことを目標にしていますが、実際には1週間に1冊しか読めません。今週は、まだ半分程度なので、今日の婚活パーティーの間に読破しようと思っていますが、同時進行できるタイプなので、是非話しかけてくださいね」
婚活パーティー中に本を読む人はいませんし、実際にはしませんが、自己紹介であえて言っておくことで、「今いいですか?」と異性から声をかけてもらいやすくなるようです。

まとめ 面白い自己紹介ができれば婚活の成功率は上がる!

ご紹介したように、自己紹介を工夫することで面白い自己紹介の仕方になります。
身内の不幸で笑いを取るより、趣味や物真似などで笑いを取ったほうが、お相手も思い切り笑うことができるはずです。
また、以下のような自己紹介の仕方もおすすめできません。

・「私は、婚活にとても真剣に取り組んでいますが、気づけば早3年が経過してしまいました。始まりは、3年前の春になりますが、あの頃の私と言えば、・・・」というような長いだけで中身がない自己紹介の仕方
・「今日は運命のお相手を絶対に見つけます!」、「結婚相手を探してやってきたので、必ずカップルになります!」と熱い意気込みだけを語る自己紹介の仕方

このような自己紹介は、時間がただ流れるだけで、異性の印象には残りません。
インパクトがない自己紹介は、出会いの場ではおすすめできませんから、ご紹介した自己紹介の仕方を参考にしていただき、あなたらしい自己紹介を考えてみてはいかがでしょうか。

(Visited 4 times, 1 visits today)

投稿者プロフィール

スズ
スズ
執筆業をしています。
恋愛ゲームのシナリオや恋愛小説、恋愛コラムなど恋愛関連の執筆の他、美容や健康など様々な種類の執筆を行っています。
執筆内容が少しでも皆様のお力になれば嬉しいです。
恋愛や結婚についての役立つ情報をアップしていきます!

関連記事

  1. 話しやすい異性の特徴を知って、婚活や恋愛など出会いの場で活かそう!

  2. 恋愛経験なしでも婚活できる!恋愛未経験者の婚活成功術

  3. 喪女でもできる婚活におすすめのメイクやファッション

  4. 付き合うきっかけは流れ次第!?迷った時にはどう判断すればいい?

  5. 未読スルーされたらブロックなの?スルーされる理由や対処法など

  6. 恋人未満の関係でどんな風に誕生日を祝う?祝い方やメリットなど