30代が付き合うまでの期間は?年代別の違いや付き合うきっかけなど

好きな人と出会えてもすぐに付き合うという流れは、稀ですよね。
お互いに一目惚れしても、付き合うまでにはお互いに気持ちを確かめ合い、どちらかが告白することによって付き合うことが一般的です。
しかし、付き合うまでの期間に決まりはないので、すぐに付き合うケースもあれば、付き合うまでに何か月もかかるケースもあるのです。
10代や20代のように、出会いが豊富で恋愛へ発展しやすい年代とは違う30代以降の人々は、付き合うことに対して慎重になるようです。
今回は、付き合うまでの年代別の違いやきっかけ、付き合うまでに知りたいことなどについてご紹介します。

付き合うまでの期間はどのくらい?

恋活や婚活イベント、合コンなどで異性と出会い、恋をした場合、付き合うまでのどのくらいの時間がかかるでしょうか。
恋愛を楽しみたい場合は、付き合うまでのドキドキ感や駆け引きなども充実した時間になるでしょうが、結婚したい場合は、できるだけ早く付き合いたいと思うかもしれませんね。
ここでは、気になる異性と出会ってから付き合うまでの期間についてご紹介します。

年代別、付き合うまでの期間とは?

付き合うまでの期間は、若い年代のほうが短く、年齢を重ねるほど慎重になって、長くなるようです

10代から20代が付き合うまでの期間

学生時代なので学校で会うことができますし、比較的に時間の余裕もあるので、大体1~3か月程度で付き合うことが多いようです
最近では、SNSを使って気軽に告白し、付き合うという流れも珍しくないようです。

30代が付き合うまでの期間

社会人の方がほとんどなので、学校のように好きな人と毎日会えるわけではありません。
ただ付き合うのではなく、結婚も意識しやすい年代ですから、付き合うまでには大体2~3か月程度かかるようです
若い年代のように「好きだから告白したい!」、「すぐに付き合いたい!」という勢いはなく、仕事との両立をしながらお相手を見極めるのです。

年齢が高くなるにつれて慎重派が多い

30代や40代になると、独身時代を楽しむ一方で、結婚について意識することが多いようです。
特に40代になると結婚に対する焦りも出てきますが、30代でも周りから結婚や出産などの話を聞くことで、付き合うまでの期間をなるべく短くしたいと思うようです。
大体デートの3回目くらいで付き合うかどうかを判断することが多く、3回目までにお相手がどんな人で、結婚相手としても合うかどうかなどをチェックするようです
年齢が高くなるにつれて慎重派が多くなるのは、単なるお付き合いだけではなく、結婚も視野に入っているからなのです。

付き合うまでの期間は長いほうがいい?短いほうがいい?

結婚を意識しない年齢であれば、すぐにでも付き合ったほうが楽しい時間を過ごせると思うでしょうが、人生について色々考え始める年齢の場合には、付き合うまでの期間が長くなってもメリットがあります。
もちろん、付き合う期間が長くなる分だけ、デメリットもありますから、両者を天秤にかけて考えていく必要はあります。
特に、30代以降は結婚について考えてしまう年齢なのですが、焦りは禁物かもしれません。
ここでは、付き合うまでの期間別のメリットとデメリットについてご紹介します。

付き合うまでの期間が長いことのメリット&デメリット

付き合うまでの期間が長いことのメリットは、お相手のことを付き合っている間に理解することができることでしょう
長所だけではなく、短所も知ることができるので、付き合ってから「ここが嫌い!」と思うこともないので、別れを選ぶことがないでしょう。
結婚してから、お相手の食事の仕方や癖などを知って幻滅するというケースもありますが、付き合うまでの期間が長ければ、受け入れている状態ですから、結婚も円満に続くはずです。
付き合うまでにお相手を知ることとお相手に知ってもらうことで、お互いに気を遣わずに、自然体で一緒にいることができれば、お付き合いも順調に続くことでしょう。
対して、付き合うまでの期間が長いことのデメリットは、慣れでしょう
付き合うまでにお相手のことを知り尽くしてしまうので、新たな発見があまりないため、新鮮味がないかもしれません。
好きという気持ちがあって付き合うまでにお相手を理解しようとしていたわけですが、恋人というよりも友達という感覚になってしまう方もいるようです。
友達感覚が強すぎると恋人になった時に違和感が出やすいですし、デートしてもマンネリを感じてしまい、いざ付き合っても盛り上がりに欠けるかもしれません。
しかし、30代以上であれば、やはり付き合うまでの期間にお相手のことを知っておくことは大事なことでしょう。
いざ付き合ってからお相手の欠点に気づいても、見ないふりをして、そのまま結婚し、耐えきれなくなって離婚するという流れは、できれば避けたいですよね。
若ければ、また新しい恋人を探して付き合うということを繰り返しても時間的な余裕はありますが、30代以降の場合にはデメリットがあるとしても、お相手を見極める時間が必要ではないでしょうか。

付き合う期間が短いことのメリット&デメリット

付き合うまでの期間が短いことのメリットは、付き合い始めの頃がとても楽しくなるということです
まだお互いについてあまり知らない状態で付き合いますから、メールや電話のやりとり、デートすることなど、全てが楽しい時間になることでしょう。
また、すぐに付き合うことで、周囲の人がモテ男、モテ女と思う可能性もあります。
出会ってから付き合うまでの期間が短いということは、フリーの時間が短いということなので、自分としては必死だとしても、友達や同僚などからは、恋愛経験豊富な人、余裕がある人などと思ってもらえるでしょう。
付き合うまでの期間が短いことのデメリットとしては、付き合ってからお相手のギャップを知ることになるので、「生理的に無理!」という状態になる可能性があるということです
逆に、お相手もあなたのことを知って驚くこともあるでしょうから、せっかく付き合うことができても、性格の不一致に気づいてしまい、結果的に別れを選ぶということも珍しくないのです。

付き合うまでの期間に何が起きた?お付き合いのきっかけとは

10代や20代では、付き合うまでの期間が短いですし、きっかけも多いようです。
しかし、30代以降は慎重になりますから、付き合うまでの期間が長く、きっかけについても若い方々とは異なるようです。
ここでは、お付き合いのきっかけになったことについてご紹介します。

共通の趣味を見つけた

30代以降のお付き合いのきっかけとして、趣味があります。
映画鑑賞や料理、読書など、趣味が同じというだけで距離は近づくので、「付き合ってからも趣味を一緒に楽しめそう」という前向きな気持ちが、お付き合いのきっかけになるのです
お付き合いの先にある結婚を考えている場合にも、結婚後に二人で楽しめる趣味があることで、人生のパートナーとしても考えるきっかけにもなるようです。

家庭的な面を見た

30代以降の方々は、お付き合いを考えた時に、将来についても同時に思いを巡らせますから、お相手の家庭的な面がきっかけになることもあるようです。

・無駄遣いせずに物を大切にする
・外食ではなく自炊する
・家事が得意

上記のような姿を見ることで、結婚後の姿も想像しやすくなりますから、お付き合いだけではなく、結婚について考えるきっかけにもなるようです

体調不良の時に助けてもらった

お付き合いのきっかけとして、体調不良の時に助けてもらったというパターンもあるようです。
30代以降の社会人は、一人くらいの方も多いですから、体調が悪い時には、誰かの気遣いや優しさが嬉しいものですよね。
それまでは、親しい異性と思っていても、親身になって看病してくれた場合には、「恋人になって欲しい」と思うきっかけになるようです

悩みを聞いてくれた

30代以降になると悩みも複雑になっていくようですが、なかなか相談できる相手がいない場合に、気になる異性が話を聞いてくれて、色々考えてくれることで、「恋人にしたい」と思うきっかけになるようです
頼りがいがあるお相手であればあるほど、相談しやすく、また解決もしやすくなるでしょうから、人生のパートナーとしても意識するきっかけになるでしょう。

共通の友達がキューピッドになってくれた

付き合うまでの期間中に、特に何もなくても、周囲の人の応援によって付き合うきっかけになることもあります。
友達や家族などが、付き合うことを迷っているお相手について応援してくれることで、「もしかしたら運命の人なのかな?」と気持ちが変化するのです
応援してくれる人たちがいるということは、大変心強いことですし、何かあった時にも助けてもらえるでしょうから、周囲の人がキューピッドになってくれることで付き合うことになったという人は、多いようです。

付き合うまでの期間にどんなことをすればカップルになれる?

好きな人ができても、何もせずにじっとしているだけでは、付き合うことは難しいでしょう。
お相手と付き合うためには、何か行動する必要があります。
ここでは、付き合うまでの期間にどんなことをすればカップルになれるのかについてご紹介します。

電話やメールでやりとりする

好きな人と付き合うためには、心の距離を縮めることが大切です
そのためには、電話やメールでやりとりすることをおすすめします。
頻繁に連絡するとお相手にとって負担になりかねませんから、適度なタイミングで電話やメールをしてみましょう。
やりとりの回数が増えるほど、お相手についてのことも知ることができ、共通点も増えていくはずです。
付き合うまでの期間は、若い方々のように学校があって毎日会えるわけではありませんから、電話やメールで交流を深めましょう。

自分を磨いてお相手の好みのタイプになる

付き合うまでの期間は、連絡を取り合うだけではなく、自分を磨くこともおすすめです。
好きな人のタイプを聞いて、少しでもお相手の好みのタイプに近づきましょう。
イメージチェンジやダイエットなど、何か行動することで気持ちも積極的になりますし、お相手の好みのタイプに近づくことができれば、自信にも繋がるはずです
お相手からの誘いをただ待つのではなく、お相手にとっても自分にとっても理想的な人物を目指して、付き合うまでの期間を充実させましょう。

30代以降が付き合うまでの期間にチェックしたいこと

すぐに付き合うこともある若い方々とは違い、30代以降の方々は付き合うまでの期間にお相手のことをある程度は知りたいと思うようです。
ここでは、30代以降の方々が付き合うまでの期間に知りたいことをまとめてご紹介します。

付き合うまでの期間に知りたいこと5個

30代以降がお相手について知りたいことは、以下です。

・食事のマナーはきちんとしているか
・金銭感覚が似ているかどうか
・清潔感があるか
・仕事や結婚など将来のことを考えているか
・自分と同じタイミングで笑うか
・価値観が同じかどうか

上記のことを知ることで、付き合ってから「やっぱり無理」、「別れたい」と思うこともなくなるようです。
特に、お付き合いすることだけではなく、結婚も視野に入れて付き合う場合は、金銭感覚や価値観などは大事なことでしょう。
付き合うまでには自分が譲れないことだけでもチェックしておいた方が良いかもしれませんね。

まとめ 付き合うまでの期間は年齢によって異なる!

ご紹介したように、付き合うまでの期間は年齢によって異なります。
特に30代以降になると結婚についても考え始めますから、若い方々よりも慎重派が多くなるようです
付き合う期間を短くすれば、それだけ結婚にも近づきますが、ご紹介したようなデメリットもありますから、ある程度はお相手のことを知ってから付き合ったほうが、付き合ってからのギャップに悩むことは少ないかもしれませんね。
しかし、あまり神経質になってしまうと付き合うこと自体が難しくなるかもしれませんから、付き合うまでの期間にばかりこだわらず、お相手とペースを合わせ、お互いにとって良いタイミングで付き合うことをおすすめします。
付き合う前に期間に悩んだ時の参考になれば幸いです。

(Visited 74 times, 1 visits today)

投稿者プロフィール

スズ
スズ
執筆業をしています。
恋愛ゲームのシナリオや恋愛小説、恋愛コラムなど恋愛関連の執筆の他、美容や健康など様々な種類の執筆を行っています。
執筆内容が少しでも皆様のお力になれば嬉しいです。
恋愛や結婚についての役立つ情報をアップしていきます!

関連記事

  1. なぜか彼女ができない!彼女ができない男性の特徴やアピール方法など

  2. 異性との会話で使える話題の作り方や振り方、膨らませ方

  3. 聞き上手は婚活で有利!自己PRになる理由や出会いの場での活かし方など

  4. 変な女に気を付けよう!婚活中に避けたほうが良い女性とは?

  5. 婚活パーティーでの服装の正解は何?男性NGファッションやヘアスタイルとは

  6. 婚活しても普通の人がいない?いない理由と見つける方法